プライバシーと一般データ保護規則

データ管理事業者は Experience Cloud Mobile SDK で提供されている一般データ保護規則(GDPR)対応 API を利用することで、ユーザーがローカルに保存されている個人情報を取得したり、データ収集やデータ送信のオプトステータスフラグを設定したりできる環境を開発することができます。

重要

GDPR は Mobile SDK バージョン 4.16.0 以降で​のみ​サポートされています。

新しい Adobe Experience Platform Mobile SDK リリース

Adobe Experience Platform Mobile SDK に関する情報やドキュメントをお探しの場合こちらをクリックし、最新のドキュメントを参照してください。

2018 年 9 月に、SDK の新しいメジャーバージョンをリリースしました。これらの新しい Adobe Experience Platform Mobile SDK は、Experience Platform Launch から設定できます。

  • 開始するには、Adobe Experience Platform Launch に移動します。
  • Experience Platform SDK リポジトリの内容については、Github: Adobe Experience Platform SDK を参照してください。

概要

Adobeが企業にソフトウェアやサービスを提供する場合、Adobeは、個人データの処理や保存の一環として、個人データのデータ処理装置としての役割を果たします。 データ処理装置として、Adobeは、会社の許可と指示に従って個人データを処理します(例えば、Adobeとの契約に基づいて設定されたもの)。

データコントローラーは、AdobeMobile Services SDKを使用して、GDPRによるモバイルアプリの取得および削除のリクエストをサポートできます。

モバイルアプリケーションの Adobe Mobile SDK 部分に関しては、次の設定とメソッドを使用できます。

  • SDK からデータを取得してサーバーに送信するには、getAllIdentifiersAsync メソッドを使用します。

    詳しくは、「保存されている ID の取得」を参照してください。

  • オプトステータスを設定して GDPR データ削除要求を処理するには、次の設定を使用します。

    • privacyDefault
    • setPrivacyStatus

    詳しくは、「ユーザーのオプトステータスの設定」を参照してください。

追加情報

このページ