保存されている ID の取得

この情報は、GDPR のデータアクセス要求に関連してローカルに保存されている Experience Cloud SDK ID を iOS アプリから取得する場合に役立ちます。

GDPRの詳細については、「 GDPRとYour Business」を参照してください。

重要

この getAllIdentifiersAsync メソッドは、Experience Cloud SDK に保存されている ID を取得します。You must call this method before the user opts-out.

Experience CloudSDK IDは(該当する場合に)ローカルに保存され、JSON文字列として返されます。この文字列には、次の情報が含まれます。

  • 会社コンテキスト - IMS 組織 ID
  • ユーザー ID
  • Experience Cloud ID(MID)、旧称 Experience Cloud ID
  • 統合コード(ADID、プッシュID)
  • データソース ID(DPID、DPUUID)
  • Analytics ID(AVID、AID、VID、関連する RSID)
  • ターゲットのレガシーID(TNTID、TNT3rdpartyID)
  • Audience Manager ID(UUID)

iOS の ADBMobile getAllIdentifiersAsync メソッドの例を次に示します。

[ADBMobile getAllIdentifiersAsync:^(NSString * _Nullable content){
      NSLog(content) 
}]

このページ