アプリ内メッセージ

この情報は、iOS アプリでアプリ内メッセージを使用する場合に役立ちます。

アプリ内メッセージを使用するには、SDK バージョン 4.2 以降が​必要​です。

注意事項:

  • メッセージと、メッセージを表示するタイミングを定義するルールは、Adobe Mobile Services で作成されます。詳しくは、「アプリ内メッセージの作成」を参照してください。

  • この節で説明するアップデートは、アプリ内メッセージを表示するために、SDK に対して行う必要があります。

    ヒント

    メッセージを定義していない場合でも、これらの手順を実行できます。定義したメッセージは、アプリに動的に配信され、アプリストアの更新なしで表示されます。

アプリ内メッセージの有効化

  1. ライブラリをプロジェクトに追加し、ライフサイクルを実装します。

    詳しくは、コア実装とライフサイクルの「プロジェクトへの SDK と設定ファイルの追加」を参照してください。

  2. ライブラリをインポートします。

    #import "ADBMobile.h"
    
  3. アプリ内メッセージに必要な設定が ADBMobileConfig.json ファイルに含まれていることを確認します。

  4. アプリ内メッセージを起動時に動的に更新するには、remotes オブジェクトが存在し、正しく設定されている必要があります。

    “messages”: [ 
        { 
            “messageId”: “de45c43c-37bf-441f-8cbd-cc3ba3469ebe”, 
            “template”: “fullscreen”, 
            “showOffline”: false, 
            “showRule”: “always”, 
            “endDate”: 2524730400, 
            “startDate”: 0, 
            “audiences”: [], 
            “triggers”: [], 
            “payload”: { // contents change depending on template 
                “html”: “<html>html code goes here</html>” 
            }, 
        }, 
        … 
    ] 
    “remotes” : { 
        “analytics.poi”: “https://assets.adobedtm.com/…/yourfile.json”, 
        “messages”: “https://assets.adobedtm.com/…/yourfile.json” 
    }
    
    ヒント

    messages または remotes が必要です。

    これらのオブジェクトが設定されていない場合は、更新された ADBMobileConfig.json ファイルを Adobe Mobile Services からダウンロードしてください。詳しくは、「コア実装とライフサイクルい」を参照してくださ。

アプリ内メッセージのトラッキング

iOS Mobile Services SDK は、アプリ内メッセージに関する以下の指標をトラックします。

  • アプリ内メッセージの全画面およびアラートスタイルの場合:

    • インプレッション:ユーザーがアプリ内メッセージをトリガーしたとき。
    • クリックスルー:ユーザーが「クリックスルー」ボタンを押したとき。
    • キャンセル:ユーザーが「キャンセル」ボタンを押したとき。
  • カスタムの全画面アプリ内メッセージの場合は、メッセージ内の HTML コンテンツに次のボタンに関する SDK 追跡を通知する正しいコードが含まれている必要があります。

    • クリックスルー(リダイレクト)のトラッキング例: adbinapp://confirm/?url=https://www.yoursite.com
    • キャンセル(終了)追跡の例:adbinapp://cancel
  • ローカル(リモート)通知の場合:

    • インプレッション:ユーザーが通知をトリガーしたとき。
    • オープン:ユーザーが通知からアプリケーションを開いたとき。

    以下にオープントラッキングのコードを追加した例を示します。

    - (BOOL) application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions { 
      // handle local notification click-throughs for iOS 10 and older 
      NSDictionary *localNotificationDictionary = launchOptions[UIApplicationLaunchOptionsLocalNotificationKey]; 
      if ([localNotificationDictionary isKindOfClass:[NSDictionary class]]) { 
           [ADBMobile trackLocalNotificationClickThrough:localNotificationDictionary]; 
      } 
    } 
    - (void) application:(UIApplication *)application didReceiveLocalNotification:(UILocalNotification *)notification { 
       [ADBMobile trackLocalNotificationClickThrough:notification.userInfo]; 
    }
    

ローカルフォールバック画像

Adobe Mobile Services で全画面メッセージを作成する際には、オプションでフォールバック画像を指定できます。メッセージが Web から目的の画像を取得できない場合、SDK は、アプリケーションバンドルから同じ名前の画像を読み込もうとします。これにより、ユーザーがオフラインの場合や、事前に定義されている画像が未到達の場合でも、メッセージを元の形式で表示できます。

フォールバック画像のアセット名は、Adobe Mobile Services でメッセージを設定する際に指定しされます。

重要

指定したリソースが使用可能であることを確認する必要があります。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now