ポストバックの概要

ポストバックを使用すれば、SDK で収集されたデータを、サードパーティのサーバーに送信できます。アプリ内メッセージの表示に使用するのと同じトリガーと特性を活用して、カスタマイズしたデータをサードパーティの宛先に送信するように SDK を設定できます。

重要

この機能には、SDK バージョン 4.6.0 以降が必要です。

ポストバックメッセージはキューに登録され、分析データ収集を制御する、オンラインとオフラインの既存のルールすべてに従います。メッセージが一致した場合(表示されたメッセージと同様)、ポストバックメッセージは残りのメッセージをキャンセルしません。これにより、同じ分析ヒットで複数のポストバックを実行できます。定義については、postbacks の行(ADBMobile JSON 設定)を参照してください。

テンプレートの拡張

テンプレート拡張は、templateurl プロパティと templatebody プロパティの両方で使用できます。テンプレート項目には {key} という形式を使用します。ここで、key は、コンテキストデータキーまたは従来のデータキーです。テンプレートの拡張に使用できる値は、メッセージをトリガーするヒットにアタッチされるカスタムデータに加え、標準ライフサイクル変数リストに限られます。現時点では、履歴ベースまたはセグメントベースのデータは使用できません。

また、SDK が、自動的に既知の内部データと置き換える、具体的な予約済みのテンプレートも用意されています。

例えば、次のものがあります。

トークン名 トークンの説明
{%sdkver%} SDK のバージョンを返します。
{%cachebust%} 1 ~ 100000000 の間の乱数に解決されます。
{%adid%} IDFA を返します。このトークンは、setAdvertisingIdentifier を使用した場合にのみ機能します。
{%pushid%} プッシュ識別子トークンを返します。このトークンは、setPushIdentifier を使用した場合にのみ機能します。
{%timestampu%} 現在のタイムスタンプをエポックタイムで返します。
{%timestampz%} 現在のタイムスタンプを JavaScript(ISO 8601)形式で返します。

このページ