Analytics の概要

この節の情報は、iOS SDK を Adobe Analytics で使用する場合に役立ちます。

新しい Adobe Experience Platform Mobile SDK リリース

Adobe Experience Platform Mobile SDK に関する情報やドキュメントをお探しの場合こちらをクリックし、最新のドキュメントを参照してください。

2018 年 9 月に、SDK の新しいメジャーバージョンをリリースしました。これらの新しい Adobe Experience Platform Mobile SDK は、Experience Platform Launch から設定できます。

  • 開始するには、Adobe Experience Platform Launch に移動します。
  • Experience Platform SDK リポジトリの内容については、Github: Adobe Experience Platform SDK を参照してください。

Analytics トラッキング識別子の生成

SDK では、識別子を使用してユーザーを追跡します。識別子の階層は次のとおりです。

  1. カスタム訪問者識別子(VID)
  2. Analytics トラッキング識別子(AID)
  3. Experience Cloud 識別子(MID)
ヒント

Experience Cloud 識別子の正しい頭字語は「ECID」です。SDK ではまだ、古い名称である「MID」を使用しています。

AID はトラッキング識別子とも呼ばれ、アプリが MID を使用するように設定されていない場合に SDK によって生成されます。その値は、起動からアプリのアップグレードまでの間、NSUserDefaults で保持されます。ユーザーがデバイスからアプリを削除してから再インストールした場合、またはアプリ開発者が NSUserDefaults をクリアした場合、SDK によって新しい識別子が生成されます。このプロセスにより、Analytics レポートに新しいユーザーが作成されます。

ID サービスのサポート(MID)を導入するアプリのユーザーの場合、既存の AID 値が Analytics のヒットと共に送信され、Analytics のヒットには AID と MID が含まれます。ID サービスがサポートされるアプリの新規ユーザーの場合、Analytics リクエストには MID のみが含まれます。訪問者の識別について詳しくは、「訪問者の識別」を参照してください。

このページ