Android ウェアラブル:はじめに

Android SDK バージョン 4.5 から新しい Android 拡張機能が追加され、Android ウェアラブルアプリからデータを収集できるようになりました。

ハンドヘルドアプリ用の SDK の設定(Android Studio)

SDK をプロジェクトに読み込む方法について詳しくは、「コア実装とライフサイクル」を参照してください。

  1. ADBMobileConfig.json ファイルをプロジェクトの assets フォルダーに追加します。

  2. adobeMobileLibrary-*.jar ファイルを libs フォルダーに追加するか、このファイルをプロジェクトで参照されるように設定します。

    ヒント

    .jar ファイルを追加した後で gradle プロジェクトを同期することが必要になる場合があります。

  3. onCreate メソッドで、Config.setContext を使用して SDK がアプリケーションコンテキストにアクセスできるようにします。

    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.main);
    
        // Allow the SDK access to the application context
        Config.setContext(this.getApplicationContext());
    }
    
  4. AndroidManifest.xml ファイルに次のコードを追加します。

        <uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE" />
        <uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />
        <uses-permission android:name="android.permission.READ_PHONE_STATE" />
    
    <application>
    .......
    <meta-data android:name="com.google.android.gms.version"
                android:value="@integer/google_play_services_version" />
    </application>
    
  5. プロジェクトに Google Play サービスライブラリが含まれていることを確認します。

  6. WearableListenerService を実装するか、対応するコードを WearableListenerService に追加します。

    public class WearListenerService extends WearableListenerService {
    
        @Override
        public void onMessageReceived(MessageEvent messageEvent) {
            super.onMessageReceived(messageEvent);
        }
    
        private GoogleApiClient mGoogleApiClient;
    
        @Override
        public void onCreate() {
            super.onCreate();
            mGoogleApiClient = new GoogleApiClient.Builder(this)
                    .addApi(Wearable.API)
                    .build();
            mGoogleApiClient.connect();
        }
        @Override
        public void onDestroy() {
            super.onDestroy();
            mGoogleApiClient.disconnect();
        }
    
        @Override
        public void onDataChanged(com.google.android.gms.wearable.DataEventBuffer dataEvents) {
            DataListenerHandheld.onDataChanged(dataEvents, mGoogleApiClient, this);
        }
    }
    
  7. AndroidManifest.xml ファイルに WearListenerService を追加します。

    If you are using Google Play Services  < 8.2
    <application>
        ......
         <service
                android:name=".WearListenerService" >
                <intent-filter>
                    <action android:name="com.google.android.gms.wearable.BIND_LISTENER" />
                </intent-filter>
        </service>
    </application>
    If you are using Google Play Services >= 8.2
    <application>
        ......
         <service
                android:name=".WearListenerService" >
                <intent-filter>
                      <action android:name="com.google.android.gms.wearable.DATA_CHANGED" />
                     <data android:scheme="wear" android:host="*" android:pathPrefix="/abdmobile" />
                </intent-filter>
        </service>
    </application>
    
    Please find more information from google's blog https://android-developers.googleblog.com/2016/04/deprecation-of-bindlistener.html.
    Permalink Edit
    

ウェアラブルアプリ用の SDK の設定(Android Studio)

  1. 次のどちらかのタスクを実行します。

    • ADBMobileConfig.json ファイルをウェアラブルプロジェクトの assets フォルダーに追加します。

    • ハンドヘルドアプリの assets フォルダーにある ADBMobileConfig.json を使用するように gradle 設定を変更します。

      android {
      
          sourceSets {
              main {
                  assets.srcDirs = ['src/main/assets','../mobile/src/main/assets']
              }
         }
      }
      
  2. adobeMobileLibrary-*.jar ファイルを libs フォルダーに追加するか、プロジェクトで参照されるように設定します。

    jar ファイルを追加した後で gradle プロジェクトを同期することが必要になる場合があります。

  3. onCreate メソッドで、Config.setContext を使用して SDK がアプリケーションコンテキストにアクセスできるようにします。

    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.main);
        // Allow the SDK access to the application context
        Config.setContext(this.getApplicationContext(), Config.ApplicationType.APPLICATION_TYPE_WEARABLE);
    }
    
  4. 次のコードを AndroidManifest.xml に追加します。

    <application>
    .......
    <meta-data android:name="com.google.android.gms.version"
                android:value="@integer/google_play_services_version" />
    </application>
    
  5. プロジェクトに Google Play サービスライブラリが含まれていることを確認します。

  6. WearableListenerService を実装するか、対応するコードを WearableListenerService に追加します。

    public class WearListenerService extends WearableListenerService {
    
        @Override
        public void onDataChanged(com.google.android.gms.wearable.DataEventBuffer dataEvents) {
            DataListenerWearable.onDataChanged(dataEvents);
        }
    
    }
    
  7. AndroidManifest.xml ファイルに WearListenerService を追加します。

    If you are using Google Play Services  < 8.2
    <application>
        ......
         <service
                android:name=".WearListenerService" >
                <intent-filter>
                    <action android:name="com.google.android.gms.wearable.BIND_LISTENER" />
                </intent-filter>
        </service>
    </application>
    If you are using Google Play Services >= 8.2
    <application>
        ......
         <service
                android:name=".WearListenerService" >
                <intent-filter>
                      <action android:name="com.google.android.gms.wearable.DATA_CHANGED" />
                     <data android:scheme="wear" android:host="*" android:pathPrefix="/abdmobile" />
                </intent-filter>
        </service>
    </application>
    Please find more information from google's blog https://android-developers.googleblog.com/2016/04/deprecation-of-bindlistener.html.
    Permalink Edit
    

このページ