Android の Target メソッド

Android ライブラリによって提供される Adobe Target メソッドのリストを示します。

SDK は現在、Analytics、Target、Audience Manager、Adobe Experience Platform ID サービスなど、複数の Adobe Experience Cloud ソリューションをサポートしています。これらのメソッドには、ソリューションに応じたプレフィックスが付けられています。例えば、Experience Cloud ID メソッドのプレフィックスは、target です。

ヒント

ライフサイクル指標は、各 mbox が読み込むパラメーターとして送信されます。

クラス参照:TargetLocationRequest

プロパティ:

public String name; 
public String defaultContent; 
public HashMap<String, Object> parameters;

文字列定数

ヒント

次の定数は、カスタムパラメーターのキーを設定するのに便利です。

public static final String TARGET_PARAMETER_ORDER_ID   = "orderId"; 
public static final String TARGET_PARAMETER_ORDER_TOTAL         = "orderTotal"; 
public static final String TARGET_PARAMETER_PRODUCT_PURCHASE_ID = "productPurchasedId"; 
public static final String TARGET_PARAMETER_CATEGORY_ID         = "categoryId"; 
public static final String TARGET_PARAMETER_MBOX_3RDPARTY_ID    = "mbox3rdPartyId"; 
public static final String TARGET_PARAMETER_MBOX_PAGE_VALUE     = "mboxPageValue"; 
public static final String TARGET_PARAMETER_MBOX_PC             = "mboxPC"; // pcId in cookie 
public static final String TARGET_PARAMETER_MBOX_SESSION_ID     = "mboxSession"; // sessionId in cookie 
public static final String TARGET_PARAMETER_MBOX_HOST           = "mboxHost";
重要
  • loadRequest

    設定した Target サーバーに request を送信し、ブロック callback で生成されたオファーの文字列値を返します。

    • このメソッドの構文を次に示します。

      public static void loadRequest(TargetLocationRequest request, TargetCallback<String> callback);
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。

      Target.loadRequest(heroBannerRequest, new Target.TargetCallback<String>() {  @Override  public void call(String item) {   // do something with item  } });
      
  • loadRequest

    設定した Target サーバーに request を送信し、ブロック callback で生成されたオファーの文字列値を返します。

    • このメソッドの構文を次に示します。

      public static void loadRequest(final String name final String defaultContent, final Map `<String, Object>` profileParameters, 
                                     final Map `<String, Object>` orderParameters,final Map `<String Object>` mboxParameters, final TargetCallback<String> callback)
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。

      Map `<String, Object>` profileParameters = new HashMap `<String, Object>`(); profileParameters.put("profile-parameter-key", "profile-parameter-value"); 
      Map `<String, Object>` orderParameters = new HashMap `<String, Object>`(); orderParameters.put("order-parameter-key", "order-parameter-value");
      Map `<String, Object>` mboxParameters = new HashMap `<String, Object>`(); 
      mboxParameters.put("mbox-parameter-key", "mbox-parameter-value"); 
      Target.loadRequest("mboxName", "defaultContent", profileParameters, orderParameters, mboxParameters
      new TargetCallback<String>() {
          @Override
          public void call (String item) {
             Log.d("Target Content", item); 
          }
      });
      
  • loadRequest

    設定した Target サーバーにリクエストを送信し、TargetCallback で生成されたオファーの文字列値を返します。

    • このメソッドの構文を次に示します。

      public static void loadRequest(final String name, final String defaultContent, final Map<String, Object> profileParameters, final Map<String, Object> orderParameters, final Map<String, Object> mboxParameters, final Map<String, Object> requestLocationParameters, final TargetCallback<String> callback);
      
    • 戻り値:​なし

    • パラメーター:

      このメソッドのパラメーターを次に示します。

      • name

        取得する Target の mbox/ロケーションの名前。

        • 型: String
      • defaultContent

        Target サーバーに到達できない場合、またはユーザーがキャンペーンの対象にならない場合にコールバックで返される値。

        • 型: String
      • profileParameters

        この辞書の値は、Target へのリクエストの「profileParameters」オブジェクトに格納されます。

        • 型:​マップ<String, Object>
      • orderParameters

        この辞書の値は、Target へのリクエストの「order」オブジェクトに格納されます。

        • 型:​マップ<String, Object>
      • mboxParameters

        この辞書の値は、Target へのリクエストに含まれます。

        • 型:​マップ<String, Object>
      • requestLocationParameters

        この辞書の値は、Target へのリクエストの「requestLocation」オブジェクトに格納されます。

        • 型:​マップ<String, Object>
      • callback

        このメソッドは、Target サーバーからのオファーのコンテンツで呼び出されます。Target サーバーに到達できない場合、またはユーザーがキャンペーンの対象にならない場合、defaultContent が返されます。

        • 型: TargetCallback <String>
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。

      Map `<String, Object>` profileParameters = new HashMap `<String, Object>`(); profileParameters.put("profile-parameter-key", "profile-parameter-value"); 
      Map `<String, Object>` orderParameters = new HashMap `<String, Object>`(); orderParameters.put("order-parameter-key", "order-parameter-value"); 
      Map `<String, Object>` mboxParameters = new HashMap `<String, Object>`(); mboxParameters.put("mbox-parameter-key", "mbox-parameter-value"); 
      Map `<String, Object>` requestLocationParameters = new HashMap `<String, Object>`(); requestLocationParameters.put("request-location-parameter-key", "request-location-parameter-value"); 
      
      Target.loadRequest("mboxName", "defaultContent", profileParameters, orderParameters, mboxParameters, requestLocationParameters,new TargetCallback<String>() {
         @Override
         public void call (String item) { 
            Log.d("Target Content", item);
         } 
      });
      

      基になる Target API について詳しくは、Target API リファレンスの Target リクエストの読み込み を参照してください。

  • createOrder​ConfirmRequest

    指定されたパラメーターで TargetLocationRequest オブジェクトを作成します。

    • このメソッドの構文を次に示します。

      public static TargetLocationRequest createOrderConfirmRequest(String name, String orderId, String orderTotal, String productPurchasedId, Map<String, Object> parameters);
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。

      TargetLocationRequest orderConfirm = Target.createOrderConfirmRequest("orderConfirm", "order", "47.88", "3722", null);
      
  • createRequest

    指定されたパラメーターで TargetLocationRequest オブジェクトを作成します。

    • このメソッドの構文を次に示します。

      public static TargetLocationRequest createRequest(String name, String defaultContent, Map<String, Object> parameters);
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。

      TargetLocationRequest heroBannerRequest = Target.createRequest("heroBanner", "default.png", null);
      
  • clearCookies

    アプリから対象の cookie をクリアします。

    • このメソッドの構文を次に示します。

      public static void clearCookies();
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。

      Target.clearCookies();
      
  • getPcID

    pcID を返します。

    • このメソッドの構文を次に示します。

      public static String getPcID();
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。

      Target.getPcID();
      
  • getSessionID

    セッション ID を返します。

    • このメソッドの構文を次に示します。

      public static String getSessionID();
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。

      Target.getSessionID();
      
  • setThirdPartyID

    サードパーティの ID を設定します。

    • このメソッドの構文を次に示します。

      public static String setThirdPartyID(final String thirdPartyId);
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。

      Target.setThirdPartyID("third-party-id");
      
  • getThirdPartyID

    サードパーティの ID を返します。

    • このメソッドの構文を次に示します。

      public static String getThirdPartyID();
      
    • このメソッドのコードサンプルを次に示します。

      String thirdPartyId = Target.getThirdPartyID();
      

このページ