ビーコントラッキング

ビーコントラッキングでは、iBeacon と Bluetooth Low Energy を使用して、マイクロ位置を測定し、ターゲットにすることができます。

trackBeacon が呼び出されると、次のビーコンデータが Analytics と Target に送信されます。

  • a.beacon.uuid - ビーコンの ProximityUUID
  • a.beacon.major - ビーコンのメジャー番号(ストア番号など)
  • a.beacon.minor - ビーコンのマイナー番号(ストア内の一意の番号など)
  • a.beacon.prox - 0 ~ 3 の値でユーザーとビーコンの距離を表します。

これらの値の意味は次のとおりです:

  • 0 = 不明
  • 1 = 即時
  • 2 = 近い
  • 3 = 遠い

このビーコンデータは、モバイルソリューションの変数にキャプチャされます。

ビーコンの追跡

  1. ライブラリをプロジェクトに追加し、ライフサイクルを実装します。

    詳しくは、コア実装とライフサイクルの「IntelliJ IDEA または Eclipse プロジェクトへの SDK と設定ファイルの追加」を参照してください。

  2. ライブラリをインポートします。

    import com.adobe.mobile.*;
    
  3. ビーコンの場所を収集します。

    ビーコンの製造元に応じて、Bluetooth LE ビーコンをスキャンする複数のサードパーティライブラリを使用できます。

  4. ビーコン情報を取得したら、次の呼び出しを使用して場所を追跡します。

    // assumed that the following variables will have been retrieved by the 3rd party beacon library 
    String beaconUUID; 
    String major; 
    String minor; 
    Analytics.BEACON_PROXIMITY proximity;  
    // BEACON_PROXIMITY is an enum available in the SDK. Number 0-3 representing how close the 
    // user is to the beacon. 0 unknown, 1 immediate, 2 near, 3 far.  
    Analytics.trackBeacon(beaconUUID, major, minor, proximity, null);
    
  5. ユーザーがビーコンの付近から離れたら、現在のビーコンをクリアします。

    Analytics.clearBeacon();
    

追加データの送信

ビーコンデータに加えて、各 trackBeacon 呼び出しで追加のコンテキストデータを送信することができます。

HashMap cdata = new HashMap<String, Object>(); 
cdata.put("myapp.ImageLiked", imageName); 
Analytics.trackBeacon(beaconUUID, major, minor, proximity, cdata);

コンテキストデータ値は、Adobe Mobile Services でカスタム変数にマッピングする必要があります。

このページ