訪問者のライフタイム値

ライフタイム値を使用して、各 Android ユーザーのライフタイム値を測定し、ターゲットを設定できます。この値を使用して、全期間の購入、広告ビュー、ビデオ完了、ソーシャル共有、写真のアップロードなどを保存できます。

trackLifetimeValueIncrease で値を送信するたびに、その値が既存の値に追加されます。ライフタイム値はデバイス上に保存され、lifetimeValue を呼び出していつでも取得することができます。

訪問者のライフタイム値の追跡

  1. ライブラリをプロジェクトに追加し、ライフサイクルを実装します。

    詳しくは、コア実装とライフサイクルの「IntelliJ IDEA または Eclipse プロジェクトへの SDK と設定ファイルの追加」を参照してください。

  2. ライブラリをインポートします。

    import com.adobe.mobile.*;
    
  3. 値の増分量を指定して trackLifetimeValueIncrease を呼び出します。

    Analytics.trackLifetimeValueIncrease(BigDecimal.valueOf(5.0), null);
    

追加データの送信

全期間値に加えて、各アクション追跡呼び出しで追加のコンテキストデータを送信することができます。

HashMap cdata = new HashMap<String, Object>(); 
cdata.put("myapp.ImageLiked", imageName); 
Analytics.trackLifetimeValueIncrease(BigDecimal.valueOf(5.0), cdata);

コンテキストデータ値は、Adobe Mobile Services のカスタム変数にマッピングする必要があります。

このページ