Media Analytics(ハートビート)パラメーターの説明

Media Analytics(ハートビート)サーバーでアドビが収集して処理する Media Analytics パラメーターの一覧です。

すべてのイベント

名前 データソース 説明
s:event:type メディア SDK (必須)

追跡されるイベントのタイプ。イベントタイプ:
  • s:event:type=start
  • s:event:type=complete
  • s:event:type=chapter_start
  • s:event:type=chapter_complete
  • s:event:type=buffer
  • s:event:type=pause
  • s:event:type=resume
  • s:event:type=bitrate_change
  • s:event:type=aa_start
  • s:event:type=stall
  • s:event:type=end
l:event:prev_ts メディア SDK (必須)

このセッションにおける同じタイプの最後のイベントのタイムスタンプ。値は -1 です。
l:event:ts メディア SDK (必須)

イベントのタイムスタンプ。
l:event:duration メディア SDK (必須)

この値は、プレーヤーではなく、メディア SDK によって内部的に設定されます(ミリ秒単位)。バックエンドで滞在時間の指標を算出するのに使用されます。例えば a.media.totalTimePlayed は、生成されたすべての再生(type=play)ハードビートの総時間として算出されます。
注意:「状態変更イベント」(例えば、type=complete、type=chapter_complete または type=bitrate_change)である特定のイベントに対して、このパラメーターは、0 に設定されます。
l:event:playhead VideoInfo (必須)

イベントが記録された場合、再生ヘッドは、現在アクティブなアセット(メインまたは広告)の内部にあります。
s:event:sid メディア SDK (必須)

セッション ID(ランダムに生成された文字列)。特定のセッションのすべてのイベント(ビデオ + 広告)は同じである必要があります。
l:asset:duration / l:asset:length
(length duration から名前を変更)
VideoInfo (必須)

メインアセットのビデオアセットの長さ。
s:asset:publisher MediaHeartbeatConfig (必須)

アセットの投稿者。
s:asset:video_id VideoInfo (必須)

投稿者のカタログでビデオを一意に識別する ID。
s:asset:type メディア SDK (必須)

アセットのタイプ(メインまたは広告)。
s:stream:type VideoInfo (必須)

ストリームのタイプ。次のいずれかになります。
  • live
  • vod
  • 線形
s:user:id モバイルの config オブジェクト、App Measurement VisitorID (オプション)

ユーザーが特別に設定した訪問者 ID。
s:user:aid Experience Cloud 組織 (オプション)

ユーザーの Analytics 訪問者 ID 値。
s:user:mid Experience Cloud 組織 (必須)

ユーザーの Experience Cloud 訪問者 ID 値。
s:cuser:customer_user_ids_x MediaHeartbeatConfig (オプション)

Audience Manager で設定したすべての顧客のユーザー ID。
l:aam:loc_hint MediaHeartbeatConfig (必須)

aa_start の後の各ペイロードで送信した AAM データ。
s:aam:blob MediaHeartbeatConfig (必須)

aa_start の後の各ペイロードで送信した AAM データ。
s:sc:rsid レポートスイート ID(複数の場合もあります) (必須)

レポート送信先の Adobe Analytics RSID。
s:sc:tracking_server MediaHeartbeatConfig (必須)

Adobe Analytics トラッキングサーバー。
h:sc:ssl MediaHeartbeatConfig (必須)

トラフィックが HTTPS(1 に設定されている場合)または HTTP(0 に設定されている場合)のどちらを使用するか。
s:sp:ovp MediaHeartbeatConfig (オプション)

Primetime プレーヤーの場合は「primetime」、他のプレーヤーの場合は実際の OVP に設定されます。
s:sp:sdk MediaHeartbeatConfig (必須)

OVP バージョン文字列。
s:sp:player_name VideoInfo (必須)

ビデオプレーヤー名(実際のプレーヤーソフトウェア。プレーヤーの識別に使用)
s:sp:channel MediaHeartbeatConfig (オプション)

ユーザーがコンテンツを視聴しているチャネル。モバイルアプリの場合、アプリ名。Web サイトの場合、ドメイン名。
s:sp:hb_version メディア SDK (必須)

呼び出しを発行するメディア SDK ライブラリのバージョン番号。
l:stream:bitrate QoSInfo (必須)

ストリームビットレートの現在の値(bps)。

エラーイベント

名前 データソース 説明
s:event:source メディア SDK (必須)

プレーヤー内部またはアプリケーションレベルの、エラーのソース。
s:event:id メディア SDK (必須)

エラーを一意に識別するエラー ID。

広告イベント

名前 データソース 説明
s:asset:ad_id AdInfo (必須)

広告の名前。
s:asset:ad_sid メディア SDK (必須)

メディア SDK によって生成される一意の識別子。広告関連のすべての ping に追加されます。
s:asset:pod_id メディア SDK (必須)

ビデオ内部のポッド ID。この値は、次の式に基づいて自動的に計算されます。
MD5(video_id) +
"_" +
[pod index]
s:asset:pod_position AdBreakInfo (必須)

ポッド内部の広告のインデックス(最初の広告はインデックス 0、2 番目の広告はインデックス 1、以下同様となります)。
s:asset:resolver AdBreakInfo (必須)

広告のリゾルバー。
s:meta:custom_ad_metadata.x MediaHeartbeat (オプション)

カスタム広告メタデータ。

チャプターイベント

名前 データソース 説明
s:stream:chapter_sid メディア SDK (必須)

チャプターの再生インスタンスに関連付けられた一意の識別子。
注意:​チャプターは、ユーザーによって実行されたシークバック操作が原因で複数回再生される可能性があります。
s:stream:chapter_name ChapterInfo (オプション)

チャプターのわかりやすい(つまり、人間が理解できる)名前。
s:stream:chapter_id メディア SDK (必須)

チャプターの一意の ID。この値は、次の式に基づいて自動的に計算されます。
MD5(video_id) +
"_" +
chapter_pos
l:stream:chapter_pos ChapterInfo (必須)

チャプターのリストにあるチャプターのインデックス(1 から始まる)。
l:stream:chapter_offset ChapterInfo (必須)

広告を除く、メインコンテンツ内のチャプターのオフセット(秒単位で表現される)。
l:stream:chapter_length ChapterInfo (必須)

チャプターの時間(秒単位で表現される)。
s:meta:custom_chapter_metadata.x ChapterInfo (オプション)

カスタムチャプターメタデータ。

セッション終了イベント

名前 データソース 説明
s:event:type=end メディア SDK (必須)

end close

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now