ライブメインコンテンツ

シナリオ

このシナリオでは、ライブストリームに参加後、40 秒間広告が再生されていない、1 つのライブアセットがあります。

トリガー ハートビートメソッド ネットワーク呼び出し メモ
ユーザーが​再生​をクリックする trackSessionStart Analytics Content Start、Heartbeat Content Start これは、再生​をクリックするユーザーか、自動再生イベントである可能性があります。
メディア再生の最初のフレーム。 trackPlay Heartbeat Content Play このメソッドは、タイマーをトリガーします。ハートビートは、再生が続く限り、10 秒ごとに送信されます。
コンテンツが再生されます。 Content Heartbeats
セッションが終了します。 trackSessionEnd SessionEnd は、表示セッションの終端を意味します。この API は、ユーザーが最後までメディアを再生していなくても、呼び出される必要があります。

パラメーター

Adobe Analytics Content Start 呼び出し時に確認される同じ値の多くは、Heartbeat Content Start 呼び出し時にも確認されます。また、Adobe Analytics の様々なメディアレポートに設定するためにアドビが使用するその他のパラメーターの多くも確認されます。ここではすべては取り上げません。本当に重要なものだけを示します。

Heartbeat Content Start

パラメーター メモ
s:sc:rsid <Adobe レポートスイート ID>
s:sc:tracking_serve <Analytics トラッキングサーバー URL>
s:user:mid s:user:mid Adobe Analytics Content Start 呼び出しの mid 値と一致する必要がある
s:event:type "start"
s:asset:type "main"
s:asset:mediao_id <メディア名>
s:stream:type live
s:meta:* オプション メディアに設定されたカスタムメタデータ

Content Heartbeats

メディア再生中に、1 つ以上のハートビート(または ping)を 10 秒ごと(メインコンテンツ)および 1 秒ごと(広告)に送信するタイマーがあります。それらのハートビートには、再生、広告、バッファーおよびその他多くに関する情報が含まれます。各ハートビートの厳密なコンテンツは、このドキュメントの範囲外であり、検証に重要なことは、ハートビートは、再生が続く間、常にトリガーされるということです。

Content Heartbeats では、いくつかの特定の事柄を探します。

パラメーター メモ
s:event:type "play"
l:event:playhead <再生ヘッドの位置> 例:50、60、70 これは、再生ヘッドの現在の位置を反映する必要があります。

Heartbeat Content Complete

ライブストリームが完了することはないので、このシナリオでは、完了呼び出しはありません。

再生ヘッド値の設定

ライブストリームの場合、再生ヘッドの値をその日の午前 0 時(UTC)からの秒数で設定する必要があります。これにより、アナリストはレポートから、ユーザーがライブストリームに参加するタイミングや離脱するタイミングを 24 時間表示で判断できます。

開始時

ライブメディアの場合、ユーザーがストリームの再生を開始する際に、l:event:playhead を、その日の午前 0 時(UTC)からの秒数に設定する必要があります。 これは、再生ヘッドを「0」に設定する VOD とは対照的です。メモ:プログレスマーカーを使用する場合、コンテンツのデュレーションが必要です。また、再生ヘッドはメディアアイテムの先頭からの(0 から始まる)秒数で更新する必要があります。

例えば、ライブストリーミングイベントが午前 0 時に開始し、24 時間実行するとします(a.media.length=86400; l:asset:length=86400)。次に、ユーザーが午後 12:00 にそのライブストリームの再生を開始するとします。このシナリオでは、l:event:playhead を 43200(UTC の午前 0 時から 12 時間を秒単位で表した数値)に設定する必要があります。

一時停止時

ユーザーが再生を一時停止する場合、再生の開始時に適用されたのと同じ「ライブ再生ヘッド」ロジックが適用される必要があります。ユーザーがライブストリームの再生に戻る場合、ライブストリームを一時停止した時点​ではなく、午前 0 時(UTC)からの新しい秒数に合わせて l:event:playhead 値を設定する必要があります。

サンプルコード

Android

以下に、期待される API 呼び出し順序を示します。

// Set up mediaObject
MediaObject mediaInfo = MediaHeartbeat.createMediaObject(
  Configuration.MEDIA_NAME,
  Configuration.MEDIA_ID,
  Configuration.MEDIA_LENGTH,
  MediaHeartbeat.StreamType.LIVE
);

HashMap<String, String> mediaMetadata = new HashMap<String, String>();
mediaMetadata.put(CUSTOM_VAL_1, CUSTOM_KEY_1);
mediaMetadata.put(CUSTOM_VAL_2, CUSTOM_KEY_2);

// 1. Call trackSessionStart() when the user clicks Play or if autoplay is used,
//    i.e., there is an intent to start playback.
_mediaHeartbeat.trackSessionStart(mediaInfo, mediaMetadata);

......
......

// 2. Call trackPlay() when the playback actually starts, i.e., when the first
//    frame of main content is rendered on the screen.
_mediaHeartbeat.trackPlay();

.......
.......

// 3. Call trackSessionEnd() when user ends the playback session.
//    Since the user does not watch live media to completion, there
//    is no need to call trackComplete().
_mediaHeartbeat.trackSessionEnd();
.......
.......

iOS

以下に、期待される API 呼び出し順序を示します。

// Set up mediaObject
ADBMediaObject *mediaObject =
[ADBMediaHeartbeat createMediaObjectWithName:MEDIA_NAME
                   length:MEDIA_LENGTH
                   streamType:ADBMediaHeartbeatStreamTypeLIVE];

NSMutableDictionary *mediaContextData = [[NSMutableDictionary alloc] init];
[mediaContextData setObject:CUSTOM_VAL_1 forKey:CUSTOM_KEY_1];
[mediaContextData setObject:CUSTOM_VAL_2 forKey:CUSTOM_KEY_2];

// 1. Call trackSessionStart when the user clicks Play or if autoplay is used,
//    i.e., there is an intent to start playback.
[_mediaHeartbeat trackSessionStart:mediaObject data:mediaContextData];
......
......

// 2. Call trackPlay when the playback actually starts, i.e., when the first
//    frame of the main content is rendered on the screen.
[_mediaHeartbeat trackPlay];
.......
.......

// 3. Call trackSessionEnd when user ends the playback session. Since the user
//    does not watch live media to completion, there is no need to call
//    trackComplete.
[_mediaHeartbeat trackSessionEnd];
........
........

JavaScript

以下に、期待される API 呼び出し順序を示します。

// Set up mediaObject
var mediaInfo =
MediaHeartbeat.createMediaObject(Configuration.MEDIA_NAME,
                                 Configuration.MEDIA_ID,
                                 Configuration.MEDIA_LENGTH,
                                 MediaHeartbeat.StreamType.VOD);

var mediaMetadata = {
  CUSTOM_KEY_1 : CUSTOM_VAL_1,
  CUSTOM_KEY_2 : CUSTOM_VAL_2,
  CUSTOM_KEY_3 : CUSTOM_VAL_3
};

// 1. Call trackSessionStart() when Play is clicked or if autoplay
//    is used, i.e., there's an intent to start playback.
this._mediaHeartbeat.trackSessionStart(mediaInfo, mediaMetadata);

......
......

// 2. Call trackPlay() when the playback actually starts, i.e., when the
//    first frame of media is rendered on the screen.
this._mediaHeartbeat.trackPlay();

.......
.......

// 3. Call trackSessionEnd() when user ends the playback session.
//    Since user does not watch live media to completion, there is
//    no need to call trackComplete().
this._mediaHeartbeat.trackSessionEnd();

........
........

このページ