iOS での Quality of Experience の追跡

重要

以下の手順は、すべての 2.x SDK に共通する実装のガイダンスです。1.x バージョンの SDK を実装する場合は、1.x の開発ガイドをこちら(SDK のダウンロード)からダウンロードできます。

QoS の実装

  1. メディアの再生中にいつビットレートが変更されるかを識別し、QoS 情報を使用して MediaObject インスタンスを作成します。

    QoSObject 変数:

    変数 説明 必須
    bitrate 現在のビットレート
    startupTime 起動時間
    fps FPS の値
    droppedFrames ドロップフレームの数
    ヒント

    これらの変数は、QoS を追跡する場合にのみ必要です。

    QoS オブジェクトの作成:

    id qosObject = [ADBMediaHeartbeat createQoSObjectWithBitrate:[BITRATE] 
                                      startupTime:[STARTUP_TIME]  
                                      fps:[FPS]  
                                      droppedFrames:[DROPPED_FRAMES]];
    
  2. getQoSObject メソッドで、最新の QoS 情報が返されるようにします。

  3. 再生中にビットレートが切り替わったときに、メディアハートビートインスタンスで BitrateChange イベントを呼び出します。

    - (void)onBitrateChange:(NSNotification *)notification { 
        [_mediaHeartbeat trackEvent:ADBMediaHeartbeatEventBitrateChange  
                         mediaObject:nil  
                         data:nil]; 
    }
    
    重要

    ビットレートが変更されるたびに、QoS オブジェクトを更新し、ビットレート変更イベントを呼び出します。これにより、最も正確な QoS データを取得できます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now