JavaScript 2.xを使用したエラーの追跡

重要

以下の手順は、すべての 2.x SDK に共通する実装のガイダンスです。1.x バージョンの SDK を実装する場合は、1.x の開発ガイドをこちら(SDK のダウンロード)からダウンロードできます。

エラー追跡の実装

  1. メディアプレーヤーのエラーを追跡します。

    onPlayerError = function() {
        this._mediaHeartbeat.trackError("mediaErrorId");
    };
    
メモ

メディアプレーヤーのエラーの追跡は、メディアトラッキングセッションを停止しません。メディアプレーヤーのエラーが再生の続行を妨げる場合、trackError の呼び出しの後で trackSessionEnd を呼び出すことで、メディアトラッキングセッションを確実に終了するようにしてください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free