JavaScript 3.xを使用したチャプターとセグメントの追跡

重要

以下の手順は、SDK 3.x を使用した実装についてのガイダンスです。If you are implementing any previous versions of the SDK, you can download the Developers Guide here: Download SDKs.

  1. いつチャプター開始イベントが発生するかを識別し、チャプター情報を使用して ChapterObject インスタンスを作成します。

    ChapterObject チャプター追跡リファレンス:

    メモ

    これらの変数は、チャプターを追跡する場合にのみ必要です。

    変数名 タイプ 説明
    name string チャプター名を示す空以外の文字列。
    position 数値 コンテンツ内のチャプターの位置(1から始まる)。
    length 数値 チャプターの長さを示す正の数。
    startTime 数値 チャプターの開始時の再生ヘッドの値

    チャプターオブジェクト:

    var chapterObject =
      ADB.Media.createChapterObject.createChapterObject(<CHAPTER_NAME>,
                                         <POSITION>,
                                         <LENGTH>,
                                         <START_TIME>);
    
  2. チャプターのカスタムメタデータを含める場合、そのメタデータのコンテキストデータ変数を作成します。

    var chapterMetadata = {};
    chapterMetadata["segmentType"] = "Sample segment type";
    
  3. チャプター再生の追跡を開始するには、ChapterStart インスタンスで MediaHeartbeat イベントを呼び出します。

    _onChapterStart = function() {
      tracker.trackEvent(ADB.Media.Event.ChapterStart, chapterObject, chapterMetadata);
    
    };
    
  4. カスタムコードで定義したチャプター終了の境界まで再生したら、ChapterComplete インスタンスで MediaHeartbeat イベントを呼び出します。

    _onChapterComplete = function() {
       tracker.trackEvent(ADB.Media.Event.ChapterComplete);
    };
    
  5. ユーザーがチャプターをスキップした(例えば、ユーザーがチャプター境界の外にシークした)のでチャプター再生が完了しなかった場合は、MediaHeartbeat インスタンスで ChapterSkip イベントを呼び出します。

    _onChapterSkip = function() {
        tracker.trackEvent(ADB.Media.Event.ChapterSkip);
    };
    
  6. その他のチャプターがある場合、手順 1 ~ 5 を繰り返します。

このページ