Roku のメタデータキー

ビデオ、オーディオおよび広告の標準メタデータをそれぞれメディアと広告の情報オブジェクトに設定できます。ビデオや広告メタデータの定数キーを使用すると、追跡 API を呼び出す前に、標準メタデータを含むディクショナリが情報オブジェクトに設定されます。標準メタデータ定数の一覧と例については、以下の表を参照してください。

ビデオメタデータ定数

メタデータ名 コンテキストデータキー 定数名
番組 a.media.show MEDIA_VideoMetadataKeySHOW
シーズン a.media.season MEDIA_VideoMetadataKeySEASON
エピソード a.media.episode MEDIA_VideoMetadataKeyEPISODE
アセット a.media.asset MEDIA_VideoMetadataKeyASSET_ID
ジャンル a.media.genre MEDIA_VideoMetadataKeyGENRE
初回放送日 a.media.airDate MEDIA_VideoMetadataKeyFIRST_AIR_DATE
初回デジタル放送日 a.media.digitalDate MEDIA_VideoMetadataKeyFIRST_DIGITAL_DATE
レーティング a.media.rating MEDIA_VideoMetadataKeyRATING
作成者 a.media.originator MEDIA_VideoMetadataKeyORIGINATOR
ネットワーク a.media.network MEDIA_VideoMetadataKeyNETWORK
番組タイプ a.media.type MEDIA_VideoMetadataKeySHOW_TYPE
広告読み込み a.media.adLoad MEDIA_VideoMetadataKeyAD_LOAD
MVPD a.media.pass.mvpd MEDIA_VideoMetadataKeyMVPD
認証済み a.media.pass.auth MEDIA_VideoMetadataKeyAUTHORIZED
日パート a.media.dayPart MEDIA_VideoMetadataKeyDAY_PART
フィード a.media.feed MEDIA_VideoMetadataKeyFEED
ストリーム形式 a.media.format MEDIA_VideoMetadataKeySTREAM_FORMAT

オーディオメタデータの定数

メタデータ名 コンテキストデータキー 定数名
作者名 a.media.artist MEDIA_AudioMetadataKeyARTIST
アルバム a.media.album MEDIA_AudioMetadataKeyALBUM
ラベル a.media.label MEDIA_AudioMetadataKeyLABEL
作成者 a.media.author MEDIA_AudioMetadataKeyAUTHOR
ステーション a.media.station MEDIA_AudioMetadataKeySTATION
発行者 a.media.publisher MEDIA_AudioMetadataKeyPUBLISHER

広告メタデータ定数

メタデータ名 コンテキストデータキー 定数名
広告主 a.media.ad.advertiser MEDIA_AdMetadataKeyADVERTISER
キャンペーン ID a.media.ad.campaign MEDIA_AdMetadataKeyCAMPAIGN_ID
クリエイティブ ID a.media.ad.creative MEDIA_AdMetadataKeyCREATIVE_ID
プレースメント ID a.media.ad.placement MEDIA_AdMetadataKeyPLACEMENT_ID
サイト ID a.media.ad.site MEDIA_AdMetadataKeyPLACEMENT_ID
クリエイティブ URL a.media.ad.creativeURL MEDIA_AdMetadataKeyCREATIVE_URL

定数

メディアイベントのトラッキングに利用できる定数は次のとおりです。

その他の定数

定数 説明
ERROR_SOURCE_PLAYER エラーソースがプレーヤーの定数

MediaObjectkey 定数(MediaObject インスタンス内のキーとして使用)

定数 説明
MEDIA_STANDARD_MEDIA_METADATA MediaInfo trackLoad にメタデータを設定するための定数
MEDIA_STANDARD_AD_METADATA EventData trackEvent に広告メタデータを設定するための定数
MEDIA_RESUMED ビデオ再開のハートビートを送信する定数。以前に停止されたコンテンツのビデオトラッキングを再開するには、mediaTrackLoad を呼び出す際に、mediaInfo オブジェクトの MEDIA_RESUMED プロパティを設定する必要があります(MEDIA_RESUMED は、mediaTrackEvent API を使用してトラッキングできるイベントではありません)。アプリケーションで、ユーザーが視聴を中断したものの、視聴再開の意図を示したコンテンツのトラッキングを継続したい場合は、MEDIA_RESUMED を true に設定する必要があります。

例えば、あるユーザーがコンテンツの 30%を視聴してからアプリを閉じたとします。その場合はセッションが終了します。その後、同じユーザーが同じコンテンツに再度アクセスした場合、アプリケーションは、そのユーザーが中断した場所から視聴を再開できるようにします。アプリケーションはそのうえで mediaTrackLoad API を呼び出し、MEDIA_RESUMED を「true」に設定します。これにより、同じビデオコンテンツのこの 2 つのメディアセッションをリンクさせることができます。実装の例は次のとおりです。

mediaInfo =
  adb_media_init_mediainfo(
    "test_media_name",
    "test_media_id",
     10,
     "vod"
)
mediaInfo[ADBMobile().MEDIA_RESUMED] = true
mediaContextData = {}
ADBMobile().mediaTrackLoad(mediaInfo, mediaContextData)

この例では、ビデオの新しいセッションが作成されますが、SDK によってイベントタイプ「resume」のハートビートリクエストも送信されます。これをレポートで使用することで、2 つのメディアセッションをリンクさせることができます。

コンテンツタイプ定数

定数 説明
MEDIA_STREAM_TYPE_LIVE ストリームタイプ LIVE の定数
MEDIA_STREAM_TYPE_VOD ストリームタイプ VOD の定数

イベントタイプ定数(trackEvent の呼び出しで使用)

定数 説明
MEDIA_BUFFER_START バッファー開始のイベントタイプ
MEDIA_BUFFER_COMPLETE バッファー完了のイベントタイプ
MEDIA_SEEK_START シーク開始のイベントタイプ
MEDIA_SEEK_COMPLETE シーク完了のイベントタイプ
MEDIA_BITRATE_CHANGE ビットレート変更のイベントタイプ
MEDIA_CHAPTER_START チャプター開始のイベントタイプ
MEDIA_CHAPTER_COMPLETE チャプター完了のイベントタイプ
MEDIA_CHAPTER_SKIP 広告開始のイベントタイプ
MEDIA_AD_BREAK_START 広告開始のイベントタイプ
MEDIA_AD_BREAK_COMPLETE 広告ブレーク完了のイベントタイプ
MEDIA_AD_BREAK_SKIP 広告ブレークスキップのイベントタイプ
MEDIA_AD_START 広告開始のイベントタイプ
MEDIA_AD_COMPLETE 広告完了のイベントタイプ
MEDIA_AD_SKIP 広告スキップのイベントタイプ

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now