iOS での標準メタデータの実装

メタデータ定数

定数名 説明
ADBMediaObjectKeyStandardMediaMetadata 標準メタデータを MediaInfo ADBMediaObject にアタッチするための定数。

実装

  1. ADBStandardMetadataKeys を使用して、標準メタデータのキーと値のペアのディクショナリを作成します。
    IOS のメタデータキー

  2. メタデータの標準メタデータ定数を使用して、MediaInfo``ADBMediaObject インスタンスに標準メタデータディクショナリを設定します。

  3. trackSessionStart API を呼び出すと同時に、この MediaInfo オブジェクトを提供します。

実装例

標準メタデータオブジェクトをインスタンス化し、必要な変数を設定して、メディアハートビートオブジェクトでメタデータオブジェクトを設定します。例:

// Sample implementation for using standard video metadata keys 
 
NSMutableDictionary *standardVideoMetadata = [[NSMutableDictionary alloc] init]; 
 
[standardVideoMetadata setObject:@"Sample Show" forKey:ADBVideoMetadataKeySHOW]; 
 
[standardVideoMetadata setObject:@"Sample Season" forKey:ADBVideoMetadataKeySEASON]; 
 
[standardVideoMetadata setObject:@"Sample Episode" forKey:ADBVideoMetadataKeyEPISODE]; 
 
[mediaObject setValue:standardVideoMetadata forKey:ADBMediaObjectKeyStandardMediaMetadata];
// Sample implementation for using standard audio metadata keys 
 
NSMutableDictionary *standardAudioMetadata = [[NSMutableDictionary alloc] init];  
 
[standardAudioMetadata setObject:@"Sample Album"   forKey:ADBAudioMetadataKeyALBUM];  
 
[standardAudioMetadata setObject:@"Sample Label"   forKey:ADBAudioMetadataKeyLABEL]; 
 
[mediaObject setValue:standardAudioMetadata   forKey:ADBMediaObjectKeyStandardMediaMetadata];

このページ