JavaScript 3.x のセットアップ

前提条件

  • 有効な設定パラメーターを取得 これらのパラメーターは、Analytics アカウントの設定後、アドビの担当者から取得できます。

  • メディアアプリケーションで、JavaScript 向けAppMeasurementExperience Cloud Identity Serviceを実装します。詳しくは、JavaScript を使用した Analytics の実装および Experience Cloud ID サービスの実装を参照してください。

  • メディアプレーヤーで以下の機能を設定します。

    • プレーヤーイベントをサブスクライブするための API - メディア SDK では、プレーヤーでイベントが発生する際に、シンプルな API のセットを呼び出す必要があります。
    • プレーヤー情報を提供する API - 現在再生中のメディア、広告、チャプターに関する情報が含まれます。
  1. ダウンロードしたライブラリをプロジェクトに追加します。利便性のために、クラスへのローカル参照を作成します。

    1. ダウンロードした MediaSDK-js-v3*.zip ファイルを展開します。

    2. libs ディレクトリに MediaSDK.js ファイルが存在することを確認します。

    3. MediaSDK.js ファイルをホストします。

      このコア JavaScript ファイルは、サイトのすべてのページから参照可能な Web サーバーでホストする必要があります。次の手順で、これらのファイルへのパス情報が必要になります。

    4. サイトのすべてのページから MediaSDK.js を参照します。

      各ページの <head> タグまたは <body> タグに以下のコードを追加して、JavaScript 用の MediaSDK を含めます。例:

      <script type="text/javascript" src="https://INSERT-DOMAIN-AND-PATH-TO-CODE-HERE/MediaSDK.js"></script>
      
    5. ライブラリが正常に読み込まれたことをすばやく確認するには、Window オブジェクトで ADB.Media が書き出されていることを確認します。

      メモ

      JavaScript SDK は、AMD および CommonJS モジュールの仕様に準拠しており、互換性のあるモジュールローダーと共に MediaSDK.js を使用することもできます。

  2. AppMeasurement のインスタンスを作成し、visitor を設定します。

    メディア SDK の設定には、visitor が設定された AppMeasurement のインスタンスが必要です。

     var appMeasurement = new AppMeasurement(“<rsid>”);
     appMeasurement.visitor = visitor;
     appMeasurement.trackingServer = “<visitor_namespace>.sc.omtrdc.net”;
    
  3. メディア SDK の設定

    メディア SDK は、Web ページごとに 1 回設定する必要があります。設定は、作成されるすべてのトラッカーインスタンスに適用されます。

    重要

    Media SDK(3.x)は、メディアコレクション API を使用して、2.x SDK で使用されている HB エンドポイントとは異なるメディアを追跡します。詳細については、アドビの担当者にお問い合わせください。

    MediaConfig 初期化のサンプル:

     // Create MediaConfig object (same as above)
     var mediaConfig = new ADB.MediaConfig();
     mediaConfig.trackingServer = Configuration.MEDIA_COLLECTION_ENDPOINT;
     mediaConfig.playerName = Configuration.PLAYER_NAME;
     mediaConfig.channel = Configuration.CHANNEL;
     mediaConfig.appVersion = Configuration.APP_VERSION;
     mediaConfig.debugLogging = false;
     mediaConfig.ssl = true;
    
     ADB.Media.configure(mediaConfig, appMeasurement);
    
  4. MediaTracker インスタンスを作成します。

    メディア SDK の設定後、getInstance API を使用して、メディアコンテンツを追跡するためのトラッカーインスタンスを作成できます。

    var tracker = ADB.Media.getInstance();
    
    重要

    tracker インスタンスがアクセス可能であることと、メディアセッションの終わりまで解放されないことを確認します。このインスタンスは、そのセッションで、その後のイベントをすべて追跡するために使用されます。

JavaScript 2.x から 3.x への移行

2.x から 3.x への移行について詳しくは、 2.x から 3.x への移行を参照してください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now