Android のセットアップ

重要

2021 年 8 月 31 日にバージョン 4 のモバイル SDK のサポートが終了するのに伴い、iOS および Android 向けの Media Analytics SDK のサポートも終了します。詳しくは、Media Analytics SDK のサポート終了に関する FAQ を参照してください。

前提条件

  • メディア SDK 用の有効な設定パラメーターを取得 これらのパラメーターは、Analytics アカウントの設定後、アドビの担当者から取得できます。

  • Android 向け ADBMobile をアプリケーションに実装 Adobe Mobile SDK ドキュメントについて詳しくは、Experience Cloud ソリューション用 Android SDK 4.x を参照してください。

  • メディアプレーヤーで以下の機能を設定します。

    • プレーヤーイベントをサブスクライブするための API - メディア SDK では、プレーヤーでイベントが発生する際に、シンプルな API のセットを呼び出す必要があります。
    • プレーヤー情報を提供する API - メディア名や再生ヘッドなどの情報がこれに該当します。

SDK の実装

  1. ダウンロードしたメディア SDK をプロジェクトに追加します。

    1. Android zip ファイル(例:MediaSDK-android-v2.*.zip)を展開します。

    2. libs/ ディレクトリに MediaSDK.jar ファイルが存在することを確認します。

    3. プロジェクトにライブラリを追加します。

      IntelliJ IDEA:

      1. プロジェクトナビゲーション​パネルでプロジェクトを右クリックします。

      2. モジュール設定を開く​を選択します。

      3. プロジェクト設定​で、ライブラリ​を選択します。

      4. +」をクリックして、新しいライブラリを追加します。

      5. Java」を選択し、MediaSDK.jar ファイルに移動します。

      6. モバイルライブラリを使用する予定のモジュールを選択します。

      7. 適用」をクリックしてから、「OK」をクリックしてモジュール設定ウィンドウを閉じます。
        Eclipse:

      8. Eclipse IDE で、プロジェクト名を右クリックします。

      9. ビルドパス外部アーカイブの追加​をクリックします。

      10. MediaSDK.jar を選択します。

      11. 開く」をクリックします。

      12. プロジェクトを再度右クリックし、ビルドパスビルドパスを設定​をクリックします。

      13. 順序エクスポート」タブをクリックします。

      14. MediaSDK.jar ファイルが選択されていることを確認します。

  2. ライブラリをインポートします。

    import com.adobe.primetime.va.simple.MediaHeartbeat;
    import com.adobe.primetime.va.simple.MediaHeartbeat.MediaHeartbeatDelegate;
    import com.adobe.primetime.va.simple.MediaHeartbeatConfig;
    import com.adobe.primetime.va.simple.MediaObject;
    
  3. MediaHeartbeatConfig インスタンスを作成します。

    MediaHeartbeatConfig 初期化のサンプル:

    // Media Heartbeat Initialization
    config.trackingServer = _<SAMPLE_HEARTBEAT_TRACKING_SERVER>_;
    config.channel = <SAMPLE_HEARTBEAT_CHANNEL>;
    config.appVersion = <SAMPLE_HEARTBEAT_SDK_VERSION>;
    config.ovp =  <SAMPLE_HEARTBEAT_OVP_NAME>;
    config.playerName = <SAMPLE_PLAYER_NAME>;
    config.ssl = <true/false>;
    config.debugLogging = <true/false>;
    
  4. MediaHeartbeatDelegate インターフェイスを実装します。

    public class VideoAnalyticsProvider implements Observer, MediaHeartbeatDelegate{}
    
    // Replace <bitrate>, <startupTime>, <fps>, and  
    // <droppeFrames> with the current playback QoS values.  
    @Override
    public MediaObject getQoSObject() {
        return MediaHeartbeat.createQoSObject(<bitrate>,  
                                              <startupTime>,  
                                              <fps>,  
                                              <droppedFrames>);
    }
    
    //Replace <currentPlaybackTime> with the video player current playback time
    @Override
    public Double getCurrentPlaybackTime() {
        return <currentPlaybackTime>;
    }
    
  5. MediaHeartbeat インスタンスを作成します。

    MediaHeartbeatConfig インスタンスと MediaHertbeatDelegate インスタンスを使用して、MediaHeartbeat インスタンスを作成します。

    // Replace <MediaHertbeatDelegate> with your delegate instance
    MediaHeartbeat _heartbeat =  
      new MediaHeartbeat(<MediaHeartbeatDelegate>, config);
    
    重要

    MediaHeartbeat インスタンスがアクセス可能であることと、セッションの終わりまで解放されない​ことを確認します。このインスタンスは、以下のすべてのトラッキングイベントに使用されます。

アプリの権限の追加

メディア SDK を使用するアプリケーションでは、トラッキングコールでデータを送信するために以下の権限が必要です。

  • INTERNET
  • ACCESS_NETWORK_STATE

これらの権限を追加するには、アプリケーションのプロジェクトディレクトリにある AndroidManifest.xml ファイルに以下の行を追加します。

  • <uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />
  • <uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE" />

Android でのバージョン 1.x から 2.x への移行

バージョン 2.x では、すべてのパブリックメソッドは、開発をより簡単にするために、com.adobe.primetime.va.simple.MediaHeartbeat クラスに統合されています。また、すべての設定は、com.adobe.primetime.va.simple.MediaHeartbeatConfig クラスに統合されました。

1.x から 2.x への移行について詳しくは、mig-1x-2x-overview.md を参照してください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now