アプリの状態の追跡

状態とは、アプリケーションの様々な画面またはビューのことです。アプリケーションに新しい状態が表示されるたびに、trackState 呼び出しを送信する必要があります。例えば、ユーザーがホームページからビデオの詳細画面に移動する際に、trackState 呼び出しを送信します。通常、状態はパスレポートを使用して表示されるので、ユーザーがアプリ内をどのように移動しているか、どの状態が最も多く閲覧されているかを確認できます。

trackState 呼び出し

通常、アプリが新しい画面を読み込むたびに、trackState を呼び出しします。

Roku

ADBMobile().trackState("State Name", {})

Chromecast

ADBMobile.analytics.trackState("State Name",{});

状態名は、Adobe Mobile Services の「View State」変数でレポートされます。また、ビューは、trackState 呼び出しごとに記録されます。その他の Analytics インターフェイスでは、「画面遷移」は「ページ名」としてレポートされます。「状態ビュー数」は、「ページビュー数」としてレポートされます。

コンテキストデータの送信

「State Name」に加えて、各アクション追跡呼び出しを使用して追加のコンテキストデータを送信できます。

Roku

dictionary = { } 
dictionary["myapp.login.LoginStatus"] = "logged in"  
ADBMobile().trackState("Home Screen", dictionary)

Chromecast

var dictionary = { }; 
dictionary["myapp.login.LoginStatus"] = "logged in"; 
ADBMobile.analytics.trackState("Home Screen", dictionary); 
メモ

コンテキストデータ値は、Adobe Mobile Services のカスタム変数にマッピングする必要があります。

このページ