標準ステートとカスタムステートについて

5 つの標準プレーヤーステートがあり、独自のカスタムステートを追加できます。

標準のステート名 メディア SDK の定数 メディアコレクション API の名前
フルスクリーン ADB.Media.PlayerState.Fullscreen fullScreen
クローズドキャプション ADB.Media.PlayerState.ClosedCaptioning closedCaptioning
ミュート ADB.Media.PlayerState.Mute mute
ピクチャーインピクチャー ADB.Media.PlayerState.PictureInPicture pictureInPicture
フォーカス設定 ADB.Media.PlayerState.InFocus inFocus

標準ステートとカスタムステートではデータの計算方法は同じですが、Analytics レポートではデータの保存方法が異なります。

標準ステートの場合:Analyticsレポート(管理者側)のメディア管理コンソールからプレーヤーステートトラッキングを有効にした場合、15 個のソリューション変数をレポートおよびデータの書き出しに使用できます。

カスタムステートの場合:独自の処理ルールを作成して、計算した値をカスタムイベントに保存し、それらのルールをレポートおよびデータの書き出しに使用できます。

ガイドライン

  • 1 つのビデオセッションでは、最大 10 のプレーヤーステートを使用できます。
  • ステートの組み合わせは自由です。
  • 複数のプレーヤーステートが渡されると、最初の 10 個のみが保持され、ダウンストリームの VA処理コンポーネントへと転送されます。
  • すべてのステートに対して、終了しているかどうかに関係なく、最大 10 個のステートが適用されます。
  • 1 つのステートは、複数回開始および終了でき、1 つのステートとしてカウントされます。例えば、closedCapationing は開始と停止を 5 回繰り返すことができますが、1 つのステートとしてカウントされます。
  • 許可されているステートの最大数である 10 を超えるステートは、すべて破棄されます。

カスタムステート

カスタムステートの作成機能を使用すると、再生セッション中にカスタムアクションをキャプチャし、カスタムメタデータを更新できます。

カスタムステートの作成について詳しくは、メディア API リファレンスガイドcreateStateObjectを参照してください。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now