クイックスタート

ヒント

Media Analytics(MA)コレクション API バックエンドサーバーへの Session リクエストを正常に完了するために必要なリクエストデータを収集します。(curl、Postman などを使用して)リクエストを手動で送信することで、リクエストデータを迅速に確認できます。これにより、リクエスト内の無効なデータ型または無効な情報に起因する問題があるかどうかに関するフィードバックがすぐに得られます。JSON 検証スキーマを使用して、適切なリクエストデータを提供していることを確認します。

  1. 標準の必須 Adobe Analytics および訪問者データを収集します。これらは、すべての Experience Cloud アプリケーションを実行するために提供する必要があります。

    • 訪問者の Experience Cloud 組織 ID
    • 訪問者の Experience Cloud ユーザー ID
    • Analytics レポートスイート ID
    • Analytics トラッキングサーバー URL
  2. 呼び出しを成功させるために必要な最小限のデータを含む、sessions リクエスト本文の JSON オブジェクトを作成します。次に例を示します。

    { 
        "playerTime": { 
            "playhead": 0, 
            "ts": 1234560890123 
        }, 
        "eventType": "sessionStart", 
        "params": { 
            "media.playerName": "sample-html5-api-player", 
            "analytics.trackingServer": "[YOUR_TS]", 
            "analytics.reportSuite": "[YOUR_RSID]", 
            "media.contentType": "VOD", 
            "media.length": 60.39333333333333, 
            "media.id": "MA Collection API Sample Player", 
            "visitor.marketingCloudOrgId": "[YOUR_ORG_ID]", 
            "visitor.marketingCloudUserId": "[YOUR_ECID]",
            "media.name": "ClickMe", 
            "media.channel": "sample-channel", 
            "media.sdkVersion": "va-api-0.0.0", 
            "analytics.enableSSL": false 
        } 
    }
    
    メモ

    JSON リクエスト本文内では正しいデータ型を使用する必要があります。例えば、analytics.enableSSL はブール型、media.length は数値型です。JSON 検証スキーマを調べて、パラメーターのタイプと、それが必須の要件かオプションの要件かを確認できます。

  3. Sessions リクエストを MA コレクション API エンドポイントに送信します。リクエストのペイロードが無効な場合は、問題を特定し、201 Created 応答を受け取るまで再試行します。この curl の例では、JSON リクエスト本文は、sample_data_session という名前のファイルに格納されています。

    $ curl -i -d \ 
      @sample_data_session https://{uri}/api/v1/sessions \ 
      > curl.sessions.out 
    
    $ cat curl.sessions.out 
    HTTP/1.1 201 Created 
    Server: nginx/1.13.5 
    Date: Mon, 18 Dec 2017 22:34:12 GMT 
    Content-Type: application/octet-stream 
    Content-Length: 0 
    Connection: keep-alive 
    Location: /api/v1/sessions/a39c037641f[...]  # <== Session ID  
    Access-Control-Allow-Origin: * 
    Access-Control-Allow-Methods: OPTIONS,POST,PUT 
    Access-Control-Allow-Headers: Content-Type 
    Access-Control-Expose-Headers: Location
    

Sessions リクエストが成功すると、上記のような 201 Created 応答を受け取ります。応答の Location ヘッダーにはセッション ID が含まれています。セッション ID は、後続のすべてのトラッキングコールに必要なので、応答における重要な情報です。Sessions リクエストが正常に返されたら、ビデオプレーヤーで MA API を使用してビデオトラッキングの実装を続行できます。

このページ