リリースノート:2015年7月

Marketo注目の出来事

昼食時に外出中、メールのスケジュールを変更する必要がある場合App StoreまたはGoogle Playから入手できる Marketo Moments アプリを使用すると、iPhone、iPad、Androidの携帯電話からメールやイベントキャンペーンのリアルタイム出の状況や、将来の予定を確認できます。

リッチテキストエディターのアップデート

合理化されたテキスト書式設定、画像編集、リンク挿入、HTML 編集など、テキストエディターが最新のルックアンドフィールで新しくなりました。HTML エディターに最小限の検証機能が追加され、コード編集の制限が緩和されました。
<iframe width="420" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/LmmBN6IQrII" frameborder="0" allowfullscreen></iframe> このアップデートは、7月のリリースから数日以内に自動的に公開されます。その後、管理者/メール/エディター設定を編集​から、新バージョンと旧バージョンのエディターを切り替えることができます。

リンクダイアログと画像ダイアログを更新しました。

テキストエディターのバージョンを切り替えます。

メール配信シングルサインオン

「メール配信」タイルをクリックすると、ログイン資格情報を入力する必要がなくなります。

キャンペーン優先度の設定

パーソナライズされた RTP キャンペーンをいくつか設定し、一部が他のキャンペーンと重複する可能性があることに気付いた場合は、先に進み、キャンペーンの RTP を他のキャンペーンよりも優先するように設定します。

会社 API

REST API を介した会社オブジェクトアクセス:REST APIで、Marketo 会社(別名「アカウント」)オブジェクトにアクセスできるようになりました。つまり、Marketo で作成した会社オブジェクトの読み取り、更新、削除をおこない、更新されたリード API を使用して、そのような会社にリードを関連付けることができます。

会社 API のリファレンスガイドで詳細をご確認ください。

メール配信へのアクセス

メール配信ツールへのアクセス:この新しい権限を使うと、管理者はユーザーにメール配信ツールへのアクセス権を付与できます。

このページ