リリースノート:2015年2月

2015年2月リリースには、次の機能が含まれています。お客様のご契約により、制限やオプションの契約が必要なものがあります。詳細は担当の営業にお問い合わせください。リリース後は、各機能に関する詳細な記事へのリンクを必ずご確認ください。ドラムロール…

マーケティングの自動化の強化

スマートキャンペーンの移動

朗報です!ドラッグアンドドロップまたはツリー内の移動機能を使ってプログラムからスマートキャンペーンが移動できるようになりました。

Dynamics 2015(オンライン) — サポート対象

HTTPS証明書の変更

Marketoは、顧客データおよびSaaSサービスの機密性と整合性を保護するため、SaaS業界のベストプラクティスに従っています

およびは、次のドメインで、現在使用されているセキュリティプロトコル(SHA-1およびSSL)を、よりセキュアなバージョン(SHA-2(a.k.a. SHA-256)およびTLS)に置き換えます。

  • marketo.net (暗号化されたMunchkinトラフィック)

  • marketo.com (メインのSaaSアプリケーション)

この問題は、このリリースの直後に発生します。 SHA-1プロトコルは、レガシーシステムおよびアプリケーションの所有者がSHA-2互換性を使用してシステムを更新できるように、2015年12月までmktoapi.comドメインで一時的にサポートされます。

セキュアマンチキン

SSL3のサポートは削除されます。 以前のWebブラウザーのサポートを維持するために、これまでSSL3を維持してきましたが、2015年には、これらのブラウザーからの大量のWebトラフィックは見られなくなりました。 これは、セキュリティで保護されたページで使用した場合にのみMunchkinに影響し、2月のリリース以降は徐々に展開されます。

リアルタイムパーソナライゼーションの機能強化

キャンペーンのTarget URL

「ターゲットURLの追加」を使って、リアルタイムキャンペーンを表示したいページを選択してください。この機能は、すべてのキャンペーンタイプ(ダイアログ、ゾーン、ウィジェット)で機能しますが、選択したターゲットURLのみのゾーンIDでキャンペーンがレンダリングされるゾーン内キャンペーンに特に役立ちます。 異なるWebページをターゲットにする複数のURLの追加をサポートします。

アカウントベースターゲットへの国と都道府県の追加

ネームドアカウントリストに国と都道府県が追加できます。特定のロケーションからのキーアカウントを絞りこめます。

このページ