リリースノート:2015 年 2 月

2015 年 2 月リリースには、次の機能が含まれています。お客様のご契約により、制限やオプションの契約が必要なものがあります。詳細は担当の営業にお問い合わせください。リリース後は、各機能に関する詳細な記事へのリンクを必ずご確認ください。お待たせしました。

マーケティング自動化の強化

スマートキャンペーンの移動

朗報です! ドラッグアンドドロップまたはツリー内の移動機能を使ってプログラムからスマートキャンペーンが移動できるようになりました。

Dynamics 2015(オンライン) — サポートされています。

HTTPS 証明書の変更

顧客データおよび SaaS サービスの機密性と整合性を保護するため、Marketo は SaaS 業界のベストプラクティスに従い、

次のドメインで、現在使用されているセキュリティプロトコル(SHA-1 および SSL)をより安全なバージョン(SHA-2(SHA-256)および TLS)に置き換えます。

  • marketo.net(暗号化された Munchkin トラフィック)

  • marketo.com(主な SaaS アプリケーション)

これは、このリリースの直後に発生します。SHA-1 プロトコルは、2015 年 12 月まで mktoapi.com のドメインで一時的にサポートされ、レガシーシステムおよびアプリケーションの所有者が SHA-2 互換でシステムを更新できるようにします。

セキュア Munchkin

SSL3 のサポートを削除します。古い web ブラウザーのサポートを維持するために、これまで SSL3 を維持してきましたが、2015 年には、これらのブラウザーからの大量の web トラフィックは見られなくなりました。これは、セキュアなページで使用した場合にのみ Munchkin に影響し、2 月のリリース以降はゆっくりと展開されます。

リアルタイムパーソナライズ機能の強化

キャンペーンのターゲット URL

「ターゲット URL を追加」を使って、リアルタイムキャンペーンを表示したいページを選択してください。この機能は、すべてのキャンペーンタイプ(ダイアログ、ゾーン内、ウィジェット)で機能しますが、選択したターゲット URL のみのゾーン ID でキャンペーンがレンダリングされるゾーン内キャンペーンで特に役立ちます。異なる web ページをターゲットにする複数の URL の追加をサポートします。

アカウントベースターゲットへの国と都道府県の追加

ネームドアカウントリストに国と都道府県が追加できます。特定のロケーションからのキーアカウントを絞りこめます。

このページ