リリースノート:2014年12月

2014年12月リリースには、次の機能が含まれています。お客様のご契約により、制限やオプションの契約が必要なものがあります。詳細は担当の営業にお問い合わせください。リリース後は、各機能に関する詳細な記事へのリンクを必ずご確認ください。

Sales Insight レポート

Sales Insight のメール効果レポートでは、メールおよびセールス担当者別にメール指標を確認できます。Salesforce、Microsoft Dynamics、Outlook プラグイン、Gmail プラグインを使用して送信されるメールをサポートします。

Facebook カスタムオーディエンス

Marketo 管理者が、管理/Launchpoint で Facebook を追加したら、Facebook カスタムオーディエンスを Marketo の静的またはスマートリストのリードで簡単に作成、更新、または置き換えることができます。静的またはスマートリストのリードグリッドの下部にある新しい Facebook アイコンを探します。

ワークスペース間での複製の向上

別のワークスペースへのプログラム複製が、これまで以上に簡単になりました。「複製」をクリックして、複製先のワークスペースを選択します。フォルダーに複製を作成してからフォルダーを移動する必要はありません。

メモ

この新しい複製機能は、現時点ではプログラムでのみ使用できます。

スマートリストの参照

スマートリストまたはフローの作成時に、別のワークスペースと共有されているスマートリストを参照できます

リストのインポートの向上

UTF-16、Shift-JIS、EUC-JP でエンコードされたファイルをインポートします。UTF-8 でエンコードされたファイルも引き続きサポートします。

メールスクリプト内のリンクがトラックされ、メールリンクの効果レポート内で使用できるようになりました。

トークンエンコーディング設定

自動 HTML エンコードトークンに対する新しいセキュリティ機能をロールアウトしました。これは 2015年3月にデフォルトで有効になります。それまでは、フィールド管理でこの機能を切り替えて、事前に動作をテストします。リードと会社のトークンはすべて、メールやランディングページに挿入するときにエンコードされます。個々のフィールドに対してもオプションが使用できます。

新規 ReST API 呼び出し

リードおよびアクティビティ ReST API の 3 つの新しい呼び出し:

リードパーティションの取得

リードの関連付け

リードの結合

詳細は、リリース後に developers.marketo.com で確認できます

Munchkin JavaScript の互換性強化

Munchkin に対して、ページ上の他の JavaScript を使用した場合に、引き続き素早く読み込み、必要に応じて機能するように、小規模な機能強化をいくつか行いました。

ロールアウトは 12 月中旬に開始し、今後数か月間続きます。

売上高エクスプローラーのアップグレードされたルックアンドフィール

RTP:重点顧客リストモジュール

新しい重点顧客ページで、利益率の高い主要なアカウントを管理およびモニターします。これらの組織を特定し、ターゲティングするには、重点顧客リストをアップロードします。アカウントベースのマーケティングプランを実装し、様々なチャネル(web および広告)をまたいで主要アカウントをターゲティングするための、より高い制御性と柔軟性を提供するプロセスを自動化しました。

RTP:ゾーン内キャンペーンのスライド効果

ページ読み込み時にパーソナライズされたコンテンツをスライドして配置できるように、ゾーン内キャンペーンのスライド効果が新たに追加されました。

このページ