リリースノート:2015年3月

2015年3月リリースには次の機能が含まれています。 Marketo版で利用可能な機能を確認してください。 リリース後は、各機能の詳細記事へのリンクを必ず戻して参照してください。

カレンダー HD

カレンダーの新しい表示モードで、チームのマーケティング活動を表示します。 これは、オフィス中のテレビや巨大モニタに最適です。 スマートリストまたはカスタム指標に基づいて目標を設定し、表示します。

メモ

この機能は、SparkエディションとStandardエディションでは使用できません。

Google Adwords 統合

Google AdWordsアカウントをMarketoにリンクして、MarketoからGoogle AdWordsにオフラインコンバージョンデータを自動的にアップロードします。 次に、AdWords UIから、条件を満たしたリード、オポチュニティ、新規顧客(または追跡する任意の売上ステージ)に導いたクリックを簡単に確認できます。

Revenue Explorer Redesign

Revenue Explorer がルック&フィールを一新し、さらに新たなサンバーストチャートタイプを採用しました!このアップデートは 4 月頭から 2 週間にわたり展開されます。

新しいアセット REST API

新しいアセット REST API

API🔗を介した電子メール、テンプレート、マイトークン、ファイル、スニペットの作成と編集がサポートされるようになりました。

Microsoft Dynamics 2015オンプレミス

最新のインストーラーでサポートされるようになりました。現在はアプリケーションからアクセスできます。

RTP - リードデータでパーソナライズされた Web エンゲージメント

Marketoのリードデータベースにあるリードデータフィールドを活用して、リアルタイムでセグメント化し、パーソナライズされたコンテンツキャンペーンを作成します。 「RTP」でリードデータフィールドを管理し、関連するリードフィールドを追加/削除します。

RTP - メールまたはプログラムキャンペーン名で Web コンテンツをパーソナライズ

電子メールからWebに至るまで、チャネル全体のリードとの会話を続行します。 Marketoのマーケティングアクティビティで使用される電子メールキャンペーンまたは プログラム名に基づいて、受信コンテンツをパーソナライズします。

このページ