リリースノート:2013年8月

2013年8月リリースには次の機能が含まれています。

テキストのみのメール

これで、メールのテキスト版だけを送れます。 このオプションを使用する場合、リンクはデコレーションされません。

顧客エンゲージメントエンジンの強化

使い果たされたコンテンツを無視

エンゲージメントプログラムを「消耗を無視」に設定します。これには通知の抑制も含まれます。

エンゲージメントストリームテスト

キャストをシミュレートするには、新しいテスト機能を使用し、新しく追加されたコンテンツをライブストリームにテストします。

パーソナライズ送信テスト

メールテストを送信する際に、テストメールをパーソナライズするためのリード名が選択できます.

"Webページとしての表示電子メール"および"サブスクライブ解除"システムトークン

これらの新しいトークンを利用して、電子メール内での配置をより詳細に制御します。

自動トリガーキャンペーンクリーンアップ

Marketoは定期的にお客様に通知し、過去6か月間実行されていないトリガーキャンペーン🔗を自動的に非アクティブにします。

Marketo金融管理機能強化

プログラムコストの更新

プログラムコストの同期により、複数のプラットフォームにわたるプログラムコストを追跡できます。

Cobalt ユーザ インターフェイス

新しいCobaltインターフェースの展開を続けています。 このプロジェクトはMarketoの全てを素早くする! 今後も引き続き、アップグレードは年内行われます。

このページ