リリースノート:2012年3月

マイトークンの解決

マイトークン(プログラムトークン)は、電子メールのプレビュー時、テスト用電子メールの送信時、および単一のフローアクションを介してローカル電子メールを送信する際に解決されます。 マイトークンをテストするために、プログラム内にスマートキャンペーンを作成する必要がなくなりました。

電子メールおよびランディングページのプレビューアとエディターを切り替える

ワンクリックで、エディターとプレビューアを簡単に切り替えることができます。

Editor to Previewer:

プレビューアをエディタに:

スニペットプレビューア

メニューから「プレビュースニペット」を選択すると、ドラフトにすることなく、スニペットを表示できます。さらに、共有スニペットに対する読み取り専用アクセス権を(ワークスペース経由で)持っている場合は、この表示でスニペットをできます

複数のテスト電子メールの送信

動的なコンテンツを追加すると、リードに送信される可能性のある電子メールのバリエーションをすべてプレビューし、テストすることがますます重要になります。 リード詳細別の表示を使用してプレビューする場合、リードリストのバリエーションに関するテストを送信するオプションがあります(最大100件のテスト用電子メール)。

URLパラメーターに基づく動的なランディングページ

匿名リードは、ランディングページの訪問をかなりの量に占めます。 動的なコンテンツの追加と、セグメント化をパラメーターとしてURLに挿入する機能により、匿名または既知のリードがリンクをクリックしたときにランディングページのコンテンツを動的に表示できます。

このページ