Webパーソナライゼーションリッチテキストエディターの使用

キャンペーンを設定ページにあるWebパーソナライゼーションリッチテキストエディターでは、テキストの書式設定、リンク、および画像の挿入が可能です。 標準のワードプロセッサーと同様の書式設定オプションが含まれます。

リッチテキストエディタの重要なアイコンは次のとおりです。

-- HTML ソースの編集 HTMLソースコードを表示できます。
—

画像の挿入/編集

エディタに表示するグラフィカルイメージのイメージURLを挿入します。
— Design Studioからイメージを挿入 [ 挿入/ イメージを編集]アイコンをクリックした後、このアイコンを使用してMarketoDesign Studioからイメージを選択します
—

リンクの挿入/編集

テキストまたは画像にハイパーリンクを追加する場合に使用します。
— 挿入/編集トークン 会社またはユーザートークンを使用してWebキャンペーンをパーソナライズする
メモ

Webトークンは、Webパーソナライゼーションで管理されるMarketoデータベースの人のデータを使用します。このデータは、アカウント設定/データベースで管理されます。 Webトークンが、アカウント設定/データベースにない新しいデータベースフィールドである場合は、自動的に追加され、アクティブ化に最大24時間かかる場合があります。

このページ