Web パーソナライゼーションリッチテキストエディターを使用する

キャンペーン設定ページにある Web パーソナライゼーションリッチテキストエディターを使うと、テキストの書式設定、リンク指定、画像の挿入が可能です。標準的なワードプロセッサーソフトウェアと同じような書式設定のオプションもあります。

次は、リッチテキストエディターで重要なアイコンの一部です。

-- HTML ソースの編集 HTML ソースコードを表示します
--

画像の挿入/編集

エディターで表示されるグラフィック画像の画像 URL を挿入します
-- Design Studio から画像を挿入します 画像を挿入/編集アイコンをクリックした後、このアイコンを使用して Marketo Design Studio から画像を選択します
--

リンクの挿入/編集

テキストまたは画像にハイパーリンクを追加します
-- 挿入/編集トークン 会社トークンまたはユーザートークンを使用して Web キャンペーンをパーソナライズします
メモ

Web トークンは、Web パーソナライゼーションのアカウント設定/データベースで管理される Marketo データベースのリードデータを使用します。Web トークンが、アカウント設定/データベースにない新しいデータベースフィールドである場合、自動的に追加され、アクティブ化に最大 24 時間かかる場合があります。

このページ