Web セグメント

セグメントを表示

「セグメント」タブには、様々な属性に基づいて設定した、カスタム定義済みのセグメントがすべて表示されます。セグメントとは、セグメントを設定ページで定義された指定された条件を満たす訪問者の集まりです。​セグメントは、特定の業種や場所からの訪問者でも、訪問者のオンサイトアクティビティに基づく訪問者でもかまいません。

ウェブパーソナライズでは、1 人の訪問者が複数のセグメントに一致する場合があります。例えば、米国の訪問者に対するセグメントと金融会社に対するセグメントがある場合、Bank of America の web 訪問者は米国の訪問者のセグメントと金融会社のセグメント​両方​に一致します。

グラフ:セグメントページには、セグメントの訪問者数(y 軸)とセグメント名(x 軸)に応じて、選択したセグメントの棒グラフが表示されます。

名前 説明
名前 セグメントのタイトル

一致

セグメントのカスタマイズされた定義済みの条件を満たす訪問者の数
キャンペーンの設定 選択した検索文字列に関連付けられたキャンペーン CTA を設定できます
訪問者 選択した検索文字列に関連付けられている訪問者テーブルのプレビュー
クリックストリーム サイト上での訪問者のアクティビティや URL パスおよび各ページの滞在を表示

詳しくは、セグメントラベルの作成および表示方法をご覧ください

セグメント - 右側のパネル

テーブルでセグメントを選択すると、右側のパネルにセグメントの詳細が表示されます。

以下に詳細を示します。

  • セグメントの名前
  • セグメントの作成日
  • セグメントで動作するキャンペーンを示す関連キャンペーン。反応数をクリックすると、セグメントのキャンペーン CTA(コールトゥアクション)を表示するキャンペーンページが表示されます
  • セグメントの一致数(セグメント条件を満たした訪問者の数)とセグメントに一致した一意の(ユニーク)訪問者の数。個別訪問者のリンクをクリックすると、セグメントの結果を表示する訪問者のページに移動します
  • セグメントの所有者/ユーザー作成者
  • セグメントに関連付けられたドメインサイト
  • セグメントの選択された条件の短い概要

セグメントの有効化または無効化

セグメントを有効または無効にするには、テーブルでそのセグメントのチェックボックスを選択し、テーブルの下部にある「アクションを選択」ドロップダウンボックスで「有効」または「無効」アクションを選択します。セグメントが無効になっている場合、「状態」列に「無効」という単語が表示されます。

セグメントを作成

作成したセグメントは、セグメントを設定​ページで定義した特定の基準を満たしています。条件の組み合わせに基づいてセグメントをカスタマイズし、キャンペーンの特定のオーディエンスをターゲット設定することもできます。

新しいセグメントを作成するには次をおこないます。

セグメント​ページでグラフの下の「新規作成」をクリックします。次の画面が表示されます。

セグメントの一般的なパラメーターを定義します。

  • 名前:セグメントに名前を付けます。

  • 説明:セグメント条件の詳細を説明します。

  • ドメイン:セグメントに含めるドメインを選択します。

  • セグメントルールの論理式:AND/OR ロジックを選択して各セグメント属性を作成

  • タイミング:キャンペーンで必要な訪問者のエンゲージメントレベルを定義します

    • エントリ時:訪問者が ウェブサイトに到達したときにエンゲージします
    • 1 回目~9 回目のクリック後:訪問者が ウェブサイトで特定のクリック数を達成した後にエンゲージします
ヒント

セグメントルールの論理式

次の 3 つのフィルターオプションがあります。

  1. ALL フィルターを使用(1 および 2 および 3 …)

  2. ANY フィルターを使用(1 または 2 または 3 …)

  3. 詳細フィルター(および/またの式を使用)

    詳細フィルタにより、セグメントの条件をコントロールできます。"and" や "or" で区切った複数のフィルタ番号を入力してください。

    • 1 および 2 および 3
    • 1 または 2 または 3

    "and" と "or" を混在させる場合、括弧を使用して論理的誤解が生じないようにしてください。たとえば、"1 or 2 and 3" の場合は次のいずれかの形式で記述します:

    • 1 および (2 または 3)
    • (1 および 2) または 3

    より複雑な論理の場合は、括弧内に括弧を含めることもできます。

    • (1 および 2) または (3 および 4)
    • 1 および(2 または(3 および 4))

    挿入、削除、並べ替えを実行した後には論理を確認してください。

右側の列の「セグメント属性」を左側のセグメントエディターにドラッグ&ドロップします。

企業情報

ロケーション

ロケーション​をセグメントエディターにドラッグ&ドロップします。

  • 次のパラメーターから選択します。

    • 含む - キャンペーンに場所を含めるか除外するかを選択します。
    • 追加する国を選択 - ドロップダウンボックスで、セグメントに含める国を選択します。国名が右側に表示されます。複数の国を選択できます。

国を追加したら、セグメントの都道府県、都市、郵便番号も指定できます。

  • 追加する州を選択 — ドロップダウンボックスから、含める米国の州またはカナダの州を選択します。複数の選択をおこなうことができます。
  • 郵便番号 — セグメントに含める郵便番号を入力します。
  • 都市 — 含める 1 つまたは複数の都市を入力します。都市の間にセミコロンを使用します。
ヒント

どのセグメント条件を選択しますか?「および」と「または」のどちらですか?「または」は、各フィールド内の追加のオプションとして機能します。見込み客がセグメントの対象として認定されるには、各フィールド内で選択された複数の条件の 1 つの条件のみを満たす必要があります。(例えば、見込み客は米国​または​国防産業からになりえます)。AND は、このセグメントで満たす必要がある追加の必須パラメーターとして機能します。(例えば、見込み客が米国と国防産業の両方からである必要があるとします)。各セグメントプロファイル内で、個々のフィールドは、選択したセグメント条件に応じて、「および」と「または」の両方で機能できます。

業種プロファイルのセグメント化​セクションで、業種​の横にあるチェックボックスをオンにします。

  • 次のパラメーターから選択します。

    • 含む - セグメントに業種を含めるか除外するかを選択します。
    • 追加する業種を選択 - セグメントに含める業種を選択します。ドロップダウンボックスの下に業種が表示されます。複数の業種を選択できます。

組織グループ

プロファイルのセグメント化​セクションで、組織グループ​の横にあるチェックボックスをオンにします。

  • ドロップダウンボックスで、次の選択肢から選択します。

    • Fortune 500 - このセグメントには Fortune 500 の企業のみが含まれます
    • Fortune 1000 - このセグメントには Fortune 1000 の企業のみが含まれます
    • Global 2000 - このセグメントには Global 2000 の企業が含まれます
    • Enterprise - 1,000 人を超える従業員と 2 億 5,000 万ドルを超える売上高を持つ組織が含まれます
    • 中小企業 - このセグメントには中小企業のみが含まれます

-重点顧客-

顧客リスト

  • 次の会社(特定の名前)から

    • 追加する会社を選択ドロップダウンからターゲットにする会社を選択します。
    • ターゲットとする顧客リストの名前を入力できます。* マッチングを向上するために、手動で名前を入力するかわりに​常に​アカウントリストを使用することを推奨します(以下を参照)。

アカウントリスト

アカウントリストを使用して、主なターゲット顧客をセグメント化します。

メモ

アカウントリスト名の横にある角括弧内の数字は、ウェブパーソナライズの Read API.のリストのインデックス参照として使用されます。

ISP の除外

セグメントからインターネットサービスプロバイダー(ISP)を除外します。

認識済みプロファイル

データベース

ウェブパーソナライズは、Marketo データベースに統合され、既知のユーザーの属性やデータに基づいてキャンペーンをセグメント化し、パーソナライズできます。

「データベース」を選択し、ドロップダウンから個人データフィールドを選択します。「+」を選択して、ドロップダウンからフィールドを追加します。

アカウント設定/データベースからリードデータフィールドを追加または削除できます

ヒント

役職、スコア、役割など、Marketo のリードからのすべてのリードデータフィールドに従って、セグメント条件を作成します。

例:「役職が CMO に等しい」と「スコアが 50 以下」

Marketo メールキャンペーン​セグメントに移動し、Marketo のメールをクリックしてサイトに到着した訪問者からのメール参照元によってキャンペーンをパーソナライズします。Marketo のプログラム名またはキャンペーンによってセグメント化し、メールから web へのコンバージョンを継続します。「+」を選択して、ドロップダウンからフィールドを追加します。

ステータス

見込み客のステータス(既知または匿名)に従ってセグメントを定義します。

  • 既知 - 既知の訪問者のドロップダウンボックスからこのオプションを選択します。訪問者がウェブサイト上でフォームを送信し、ウェブパーソナライズのリードページに表示されると、その訪問者が認識されます。
  • 匿名 - 匿名訪問者のドロップダウンボックスで、このオプションを選択します。

行動

訪問回数 - 訪問者の行動に従ってセグメントを定義するか、特定します。

  • 訪問数 - ドロップダウンボックスからこのオプションを選択して、ウェブサイトの見込み客の訪問数を指定します。

    • ドロップダウンボックスから「次と等しい」、「次以上」、「次以下」のいずれかを選択します。
  • 特定の訪問 - ドロップダウンボックスからこのオプションを選択して、特定の訪問者を指定します。

    • 右側のテキストボックスに、追跡する訪問者数を入力します。一意の ウェブパーソナライズ訪問者 ID 番号は、(訪問者ページで)訪問者をクリックし、右側のパネルで「キャンペーンを設定」をクリックすると見つかります。訪問者 ID は、詳細設定セクションにあります。訪問者 ID は URL にも含まれています(例:VISITOR=JZJIFJNUI60PZ8Y97BHTY9BL8PKWS)。

検索文字列 - 見込み客の検索用語に従ってセグメントを定義します。

  • 検索した訪問者 - ドロップダウンリストから、訪問者の検索から追跡する用語を選択するか、独自の検索用語を追加します。(検索文字列を含む語句を含めるようにデフォルトで設定されているので、検索文字列に「*」(ワイルドカード)を使用する必要はありません)。

参照元 - 訪問者が参照した URL を追加します。

  • 追加する参照元を選択 - ドロップダウンリストから、追跡する参照元サイトを選択するか、独自の参照元サイトを追加します。選択すると、下のボックスに参照元が表示されます。(ワイルドカードとして「*」を使用することはできます)

ページを含む - ウェブサイトで訪問した見込み客の特定のページを追跡します。

  • URL matches — 追跡する特定の Web ページの URL を追加します。複数の URL を追加する場合は、セミコロンで区切ります(ワイルドカードとして「*」を使用できます)。

ページを除外する - セグメント内で一致させたくない特定のページを除外します(ワイルドカードとして「*」を使用できます)。

  • URL does not match - トラッキングから除外する特定の web ページの URL を追加します。複数の URL を追加する場合は、セミコロンで区切ります

デバイス/ブラウザー

モバイル OS

Mobile OS をセグメントエディターにドラッグ&ドロップします

  • 訪問者タイプ

    モバイル OS - ドロップダウンボックスで、一覧から 1 つ以上のモバイル OS を選択します。選択したモバイル OS が下に表示されます。

    • 訪問者が任意のモバイルデバイスを使用している
    • 訪問者がこの特定のデバイス/OS を使用している
    • 訪問者がモバイルデバイスを使用していない
  • デバイス - ドロップダウンリストから、1 つ以上のデバイス(Apple、Samsung、LG、HTC、Nexus、Blackberry など)を選択します。選択したデバイスが下に表示されます。

ブラウザー

特定のブラウザータイプまたはバージョン(あるいはその両方)を使用する訪問者をターゲット設定します。

  • ブラウザータイプ - ドロップダウンボックスから、1 つ以上のインターネットブラウザーを選択します。選択したブラウザーが下に表示されます。
  • ブラウザーのバージョン - セグメントに追加するブラウザーのバージョンを入力します。複数のバージョンを選択するには、それぞれをコンマで区切ります。(ワイルドカードとして「*」を使用できます)。

API

データイベント — 特定のカスタムデータイベントをトリガーに訪問者をセグメント化します

ターゲットにするイベント値を追加します。例:サードパーティのデータソースから。

ユーザコンテキスト API

ウェブパーソナライズ API 呼び出しについて詳しくはこちらを参照してください。

ヒント

ワイルドカードの使用 — 何かを含む検索文字列または URL を含める場合(例:「google.com」または「検索文字列製品」)、これをワイルドカードと呼び、両端にアスタリスク()を付けて入力する必要があります。このように、google.com は、「google.com*」として入力する必要があります。

セグメントの編集

作成済みのセグメントを編集できます。

  1. セグメントを編集するには、セグメント​に移動します。

  2. セグメント​テーブルで、編集するセグメントの編集アイコン()をクリックします。選択したセグメントで​セグメントを設定​ページが開きます。

  3. セグメントに編集や変更を適用します。

  4. 保存」をクリックします。

セグメントを削除

自分で作成したセグメントを削除できます。

  1. 上の​セグメント​ページで、セグメントを選択します。
  2. 削除するセグメントの削除アイコン()をクリックします。
  3. セグメント​を削除しようとしていることを確認する確認メッセージが表示されます。
メモ

キャンペーンに関連付けられているセグメントは削除できません。まずキャンペーンを削除し、次にセグメントを削除する必要があります。

これで完了です。セグメントセクションを理解したので、キャンペーンについて学びましょう。

このページ