Tealium タグマネージャーを使用した RTP の実装

RTP タグを実装するには、次のインストール手順に従います。

  1. Tealium タグマネージャーアカウントにログインします。

  2. 「タグ」タブに移動し、タグマーケットプレイスの「その他」タブにある「Tealium カスタムコンテナタグ」を追加します。

  3. 「タイトル」フィールドに、「Marketo RTP」と入力して「完了」をクリックします。

  4. 変更を保存します。

    メモ

    まだ新しいコンテナを公開する必要はありません。

  5. プロファイルを保存したら、Tealium iQ コンソールの右上隅にある名前/メールアドレスをクリックします。

  6. 管理者メニューの「アカウント管理者」で「テンプレートを管理」をクリックします。

  7. ドロップダウンリストから「Tealium カスタムコンテナ:Marketo RTP」を選択して、タグテンプレートを開きます。

  8. RTP アカウントにログインします。

  9. 「アカウント設定」に移動します。

    メモ

    サポートから既に JavaScript タグを受け取っている場合は、手順 11 に進みます。

  10. ドメインで、該当するドメインを選択し、「タグの生成」をクリックします。

  11. RTP JavaScript タグをコピーし、Tealium プロファイルテンプレートの「Start Tag Library Code」と「End Tag Library Code」の間に貼り付けます。

    メモ

    重要な手順

    このファイルに配置するコードから <!-- RTP tag --> タグと <!-- End of RTP tag --> タグを削除します。

    このファイルに配置するコードから <script type='text/javascript'> タグと </script> タグを削除します。

  12. プロファイルテンプレートを保存」をクリックすると、新しいプロファイルが公開されます。

このページ