RTP を Google ユニバーサルアナリティクスに連携する

最終更新日: 2023-07-25

はじめに

Marketo リアルタイムパーソナライズ(RTP)の企業情報データやパーソナライズデータと Google ユニバーサルアナリティクス(GUA)を併用すると、オンラインマーケティングの取り組みについて、測定と分析の精度が向上します。

ここでは、Google ユニバーサルアナリティクス(GUA)アカウントを設定して Marketo リアルタイムパーソナライズ(RTP)プラットフォームと連携する方法について説明します。RTP データを GUA アカウントに追加すると、Web サイト訪問者のパフォーマンスを組織、業種、ファーモグラフィック、RTP セグメント別に確認することができます。

Google ユニバーサルアナリティクス

Google ユニバーサルアナリティクスと RTP のデータを見ると、B2B のユーザーがオンラインコンテンツをどう使っているかがよくわかり、パーソナライズキャンペーンを測定して有効に活用できます。Google ユニバーサルアナリティクスの詳細は、こちらをご覧ください。

メモ

Google タグマネージャーユーザーのみ

コーディングや特殊な設定は必要ありません。次のチェックリストを確認してください。

GUA でカスタムディメンションを設定する

  1. Google Analytics で、以下の手順を実行します。

    1. 管理」に移動します
    2. アカウント」を選択します
    3. プロパティ」を選択します
    4. カスタム定義」の「カスタムディメンション」を選択します。
  2. 新しいカスタムディメンションを追加します。「+新規カスタムフィールド」をクリックします

  3. 追加する​カスタムディメンション​は次のとおりです。

カスタムディメンション名

範囲

アクティブ

RTP-Organization

セッション

RTP-Industry

セッション

RTP-Category

セッション

RTP-Group

セッション

メモ

カスタムディメンション名​は、上の表のとおりに正確に指定してください(さもないと、GUA でカスタム RTP のダッシュボードとレポートが正しく表示されません)。

  1. 名前」に名前を入力します。「スコープ」で「セッション」を選択します。「作成」をクリックします。

カスタムディメンションのリストは次のようになります。

GUA でカスタムディメンションをアクティブにしたら、RTP プラットフォームに移動して、作成したディメンションを RTP で有効にします。

RTP アカウントで、GUA 連携を有効にする

  1. RTP アカウントで、「アカウント設定」に移動します。

  2. アカウント設定」で、「ドメイン」をクリックします。

  3. Analytics」で、「Google ユニバーサルアナリティクス」をクリックします。

  4. 該当する「カスタムディメンション」と「イベント」を​オン​にして、このデータを RTP から Google ユニバーサルアナリティクスに追加します。

  5. GUA のインデックス番号に合わせたディメンションの​インデックス番号​を入力します。

  6. 保存」をクリックします。

メモ

カスタムディメンションのインデックス番号は、GUA の「カスタムディメンション」で確認できます。

例:「RTP-Industry」のインデックス番号は 1、「RTP-Organization」のインデックス番号は 2 です。

Google Analytics で古いダッシュボードを削除する

  1. Google Analytics で、以下の手順を実行します。「レポート」に移動します。
  2. マイレポート」をクリックします。
  3. マイレポート​を選択します(「RTP B2B」または「RTP Performance」)。
  4. マイレポートを削除」をクリックします。

このページ