Google ユニバーサルアナリティクスでのカスタム RTP ダッシュボード

この投稿では、Google ユニバーサルアナリティクス(GUA)で RTP ダッシュボードを設定する方法を説明します。RTP から GUA に送信されるデータは、次の 2 つの異なるカスタムダッシュボードとして設定できます。

  • RTP B2B
  • RTP エンゲージメント

カスタムダッシュボードを設定する

  1. Google Analytics にログインします。上部のメニューの「レポート」をクリックします。「マイレポート」、「+新しいマイレポート」の順にクリックします。

  2. 空白のキャンバス」を選択し、ダッシュボード名​を入力して「マイレポートを作成.」をクリックします。

  3. ウィジェットを追加」をクリックし、新しいウィジェットを作成します。

RTP B2B ダッシュボード

このダッシュボードでは、B2B の観点から Web サイトのパフォーマンスを分析できます。

業種、売上高、規模、アカウントベースリスト、ターゲットセグメントなどの基準で、訪問元やオンサイトの行動といった情報が表示されます。

ダッシュボードは、3 つの列で構成されています。

  • トラフィックソース
  • セグメント化
  • ファーモグラフィックドリルダウン
  1. RTP B2B ダッシュボード」という新しいダッシュボードを作成し、以下のようにウィジェットを定義します。

列 1 - トラフィックソース
列 2 - セグメント化
列 3 - ファーモグラフィックドリルダウン
  • 名前:セグメントおよびチャネル別セッション
  • ウィジェットタイプ:棒グラフ
  • 次の棒グラフを作成:セッション
  • グループ分けの単位:イベントラベル
  • ピボット:デフォルトチャネルグループ
  • フィルター:
    [表示の絞り込み]イベントカテゴリ(含む):RTP-Segments

  • 名前:RTP でセグメント化されたユーザー数
  • タイプ:2.1 指標
  • 次の指標を表示:ユーザー
  • フィルター:
    [表示の絞り込み]イベントカテゴリ(含む):RTP-Segments

  • 名前:業種別セッション
  • タイプ:円グラフ
  • 次の円グラフを作成:セッション
  • グループ分けの単位:RTP-Industry

  • 名前:業種およびチャネル別セッション
  • ウィジェットタイプ:棒グラフ
  • 次の棒グラフを作成:セッション
  • グループ分けの単位:RTP-Industry
  • ピボット:デフォルトチャネルグループ
  • 名前:国別のセグメント化セッション
  • タイプ:地図表示
  • 選択した指標をプロット:国 | セッション
  • 地域を選択:世界
  • フィルター:[表示の絞り込み]イベントカテゴリ(含む):RTP-Segments

  • 名前:RTP カテゴリ別セッション
  • タイプ:円グラフ
  • 次の円グラフを作成:セッション
  • グループ分けの単位:RTP-Category

  • 名前:上位ターゲットセグメント
  • タイプ:棒グラフ
  • 次の棒グラフを作成:ユーザー
  • グループ分けの単位:イベントアクション
  • フィルター:[表示の絞り込み]イベントカテゴリ(含む):RTP-Segments

  • 名前:RTP グループ別セッション
  • タイプ:棒グラフ
  • 次の棒グラフを作成:セッション
  • グループ分けの単位:RTP-Group

  • 名前:上位セグメント別セッションおよび目標
  • タイプ:表形式
  • 次の列を表示します。
    イベントラベル | セッション |目標コンバージョン率
  • フィルター:
    [表示の絞り込み]イベントカテゴリ(含む):RTP-Segments

RTP エンゲージメントダッシュボード

このダッシュボードでは、RTP キャンペーンのパフォーマンスと、レコメンデーションエンジンのエンゲージメントを分析できます。平均の比較を提供します。セッション時間と、セッションごとのページ数:

  • エンゲージなし
  • エンゲージ済み(パーソナライズしたキャンペーンのインプレッションおよびクリック数)
  • レコメンデーションエンジンのクリック数と、推奨される上位のコンテンツ

RTP エンゲージメントダッシュボード​という新しいダッシュボードを作成し、以下のようにウィジェットを定義します。

列 1 - キャンペーンの露出
列 2 - キャンペーンのクリックスルー率
列 3 - レコメンデーションエンジン
  • 名前:合計 CTA(エンゲージメント)
  • タイプ:2.1 指標
  • 次の指標を表示:合計イベント数
  • フィルター:
    [表示の絞り込み]イベントカテゴリ(含む):RTP-Campaigns
    [表示の絞り込み]イベントアクション(完全に一致):インプレッション[表示しない]イベントラベル(含む):#

  • 名前:合計 CTA(クリックスルー)
  • タイプ:2.1 指標
  • 次の指標を表示:合計イベント数
  • フィルター:
    [表示の絞り込み]イベントカテゴリ(含む):RTP-Campaigns
    [表示の絞り込み]イベントアクション(完全に一致):インプレッション[表示しない]イベントラベル(含む):#

  • 名前:CRE - 合計クリック数
  • タイプ:2.1 指標
  • 次の指標を表示:ページビュー
  • フィルター:表示の絞り込み | ページ含む):rcmd

  • 名前:平均セッション時間(エンゲージメント)
  • タイプ:2.1 指標
  • 次の指標を表示:平均セッション時間
  • フィルター:
    [表示の絞り込み]イベントカテゴリ(含む):RTP-Campaigns
    [表示の絞り込み]イベントアクション(完全に一致):インプレッション[表示しない]イベントラベル(含む):#

  • 名前:平均セッション時間(クリックスルー)
  • タイプ:2.1 指標
  • 次の指標を表示:平均セッション時間
  • フィルター:
    [表示の絞り込み]イベントカテゴリ(完全に一致):RTP-Campaigns
    [表示の絞り込み]イベントアクション(完全に一致):クリック数[表示しない]イベントラベル(含む):#

  • 名前:CRE - 推奨される上位のコンテンツ
  • タイプ:表形式
  • 表示する列:
    ページタイトル | ページビュー
  • フィルター:
    フィルター:表示の絞り込み:ページ(含む):rcmd

  • 名前:ページ/セッション(エンゲージメント))
  • タイプ:2.1 指標
  • 次の指標を表示:ページ/セッション
  • フィルター:
    [表示の絞り込み]イベントカテゴリ(完全一致):RTP-Campaigns
  • [表示の絞り込み]イベントアクション(完全一致):インプレッション
  • [表示しない]イベントラベル(含む):#

  • 名前:ページ/セッション(クリックスルー)
  • タイプ:2.1 指標
  • 次の指標を表示:ページ/セッション
  • フィルター:
    [表示の絞り込み]イベントカテゴリ(完全一致):RTP-Campaigns
  • [表示の絞り込み]イベントアクション(完全一致):クリック数
  • [表示しない]イベントラベル(含む):#

  • 名前:CTA 別インプレッション
  • タイプ:表形式
  • 表示する列:イベントラベル | 合計イベント数 | ユーザー
  • フィルター:
    [表示の絞り込み]イベントカテゴリ(含む):RTP-Campaigns
    [表示の絞り込み]イベントアクション(完全に一致):インプレッション[表示しない]イベントラベル(含む):#

  • 名前:CTA 別クリックスルー率
  • タイプ:表形式
  • 表示する列:イベントラベル | 合計イベント数 | ユーザー
  • フィルター:
    [表示の絞り込み]イベントカテゴリ(完全に一致):RTP-Campaigns
    [表示の絞り込み]イベントアクション(完全に一致):クリック数

このページ