ログインとユーザー管理

最終更新日: 2023-07-25

ウェブパーソナライズユーザーロールの作成

  1. 管理者​セクションに移動して、「ユーザーと役割」をクリックします。

  2. 役割」をクリックします。

    メモ

    ウェブパーソナライズ(WP)のユーザーロールが既に存在する場合は、手順 4 に示すように設定されていることを確認します。

  3. 新規役割」をクリックします。

  4. 役割名を入力し、「権限」を選択します。「作成」をクリックします(この役割はすべてのワークスペースに適用されます)。

    ヒント

    ターゲティングとパーソナライズ機能のすべての項目に対するアクセス権をユーザーに与えるには、必ず​_すべて_​のチェックボックスを選択します。

ウェブパーソナライズおよび予測コンテンツのユーザー権限

ターゲティングとパーソナライゼーション:この権限のみが選択されている場合、ユーザーは表示のみの権限を持ちます。

ウェブパーソナライズと予測の管理:ユーザーは、ウェブパーソナライズおよび予測コンテンツアプリのアカウント設定とコンテンツ設定にのみアクセスできます。ユーザーはアプリ内のページを表示できますが、作成、編集、削除、起動の権限はありません。

予測コンテンツエディター:ユーザーは予測コンテンツアプリにエディターアクセスできます。権限を使用して、コンテンツを作成、編集、削除できます。Web やメールでの予測用にコンテンツを有効にすることはできません。

予測コンテンツランチャー:ユーザーは、アカウントとコンテンツの設定を除く、すべての予測コンテンツ機能にアクセスできます。この権限を使用して、コンテンツの作成、編集、削除、有効化をおこなうことができます。

Web キャンペーンエディター:ユーザーは、すべてのウェブパーソナライズに対してエディターアクセス権を持ち、web キャンペーンの作成、編集および削除はおこなうことができますが、web キャンペーンを起動することはできません。

Web キャンペーンランチャー:ユーザーは、アカウントとコンテンツの設定を除く、すべてのウェブパーソナライズアプリ機能にアクセスできます。この権限を使用して、web キャンペーンを作成、編集、削除、開始をおこなうことができます。

WP ロールをユーザに割り当てる

  1. ユーザー​に移動します。

  2. WP アクセスを許可するユーザーを選択し、「ユーザーを編集」をクリックします。

  3. すべてのワークスペースの WP ユーザロールを選択します。

  4. 新しく有効にしたユーザーが次回ログインすると、My Marketo に Web Personalization タイルが表示されます。

このページ