アカウントスマートリスト

ここでは、価値の高いアカウントを迅速かつ正確に特定する方法を説明します。

メモ

この機能は、Target Account ManagementアドオンとTAMライセンスの両方が発行されたユーザーのみが使用できます。

アカウントスマートリストの作成

  1. Marketo で、マーケティングアクティビティ​に移動します。

  2. 目的のプログラムを見つけて選択します。

  3. 新規作成」ドロップダウンをクリックし、「新規ローカルアセット」を選択します。

  4. アカウントスマートリスト」をクリックします。

  5. 名前を入力し、「作成」をクリックします(説明とラベルはオプションです)。

アカウントスマートリストが作成されました。ルールの定義手順については、以下を参照してください。

アカウントスマートリストのルール

アカウントスマートリストは、標準のスマートリストと同様に機能しますが、コンテナという顕著な例外があります。

  1. アカウントスマートリストを定義するには、「アカウントスマートリストのルール」タブをクリックします。

  2. 目的の「アカウントフィルター」を選択します。この例では、「業種は医療」を選択します。

  3. 「一致するリード」フィルターを選択します。この例では、「州はカリフォルニア」を選択します。

オプションの手順:ここにコンテナが関わってきます追加の「一致するリードフィルター」を選択する場合は、最初のフィルターの下にドロップするか、フィルターの​​にドロップすると、コンテナを作成できます。この例では、「職位は CFO」を追加してコンテナを作成します。

コンテナは次のように表示されます。

メモ

フィルターのコンテナを作成すると、「and」ルールが作成され、結合された結果のみが返されます。この例では、業種が医療業界で、カリフォルニア州に所在し、さらに CFO として登録されているアカウントが返されます。コンテナを利用しない場合は、既存のコンテナの下または上にフィルターをドロップします。

これで完了です。アカウントスマートリストの活用方法については、以下の節を参照してください。

ヒント

標準のスマートリストと同様に、高度なロジックを使用して結果をさらに絞り込むことができます。これを行うには、3 つ以上のフィルターが必要です。アカウントのスマートリストでは、1 つのコンテナ(自身に含まれるフィルターの数に関係なく)が 1 つのフィルターと等しくなります。

アカウントスマートリストアクション

アカウントスマートリストの「概要」タブには、アクションのオプションがいくつか表示されます。

エクスポート:アカウントスマートリストの結果が CSV としてエクスポートされます。

クローン:アカウントスマートリストのコピーを作成します。

広告ネットワークに送信:新しい一致オーディエンスとして、リストを LinkedIn に送信します。

また、「アカウントスマートリストのリードメンバー」フィルターを使用して、標準のスマートキャンペーン/リストでアカウントスマートリストを参照することもできます。

メモ

「アカウントスマートリストのリードメンバー」の結果は、アカウントスマートリストの「一致するリード」フィルターで見つかった人だけでなく、識別されたアカウントのすべての人を表示します。

メモ

定義

アカウントスマートリストのリードメンバー:この場合、「メンバー」という単語はアカウント自体を表すので、「リードメンバー」とはアカウント内の実際のリード(Marketo レコード)を表します。

このページ