アカウントスコア

アカウントスコアリングは、ターゲットアカウント管理の重要な部分です。アカウントのエンゲージメントレベルを判断するのに役立ちます。

アカウントのスコアリングとは

セールスチームとマーケティングチームが、購入する可能性が最も高い企業(見込み客を含む)を特定し、優先順位を付けるのに役立つように設計された体系的なアプローチです。

B2B の購入プロセスは複雑であり、1 人の個人が購入を決定することはまれです。多くの場合、様々な役割が関係し、それぞれが独自のニーズを持ちます。アカウントベースのスコアリングではこの点を考慮に入れ、複数のリードのリードスコアを集約し、アカウントレベルでスコアを提供します。

一般的な例

アカウントエンゲージメントスコア 特定のターゲットアカウントのユーザーが様々なチャネル(電子メール、web、広告など)をまたいでトラックする行動アクティビティに基づくエンゲージメントの深度。
アカウントの製品の興味スコア 特定の製品のコンテンツに興味を示したターゲットアカウントのリード(ホワイトペーパーのダウンロードなど)。
アカウントの web エンゲージメントスコア Web チャネルを訪問したターゲットアカウントのリード。同じスコアを作成して、電子メール、広告またはその他のチャネルからのチャネルエンゲージメントを測定できます。

アカウントスコアの設定方法

メモ

アカウントスコアを計算するには、まずリードスコアを作成する必要があります。Marketo TAM は、リードスコアをアカウントスコアに自動的に集約します。例として、上記の 2 つの例(アカウントの製品の興味スコア​と​_アカウントの web エンゲージメントスコア_)を見てみましょう。

最初に、ターゲットアカウントの各リードから関連する詳細を取り込むリードスコアフィールドを作成します。
次に、これらのリードスコアをそれぞれのアカウントスコアに割り当てます。
アカウントの製品の関心スコア = SUM(リードの製品の興味スコア)
アカウントの web エンゲージメントスコア = SUM(リードの web エンゲージメントスコア)

メモ

ユーザーは、複数のアカウントエンゲージメントスコアを作成し、異なるリードスコアを異なるアカウントスコアに割り当てることができます。

リードスコアを設定したら、次の手順に従います。

  1. 管理者」をクリックします。

  2. ターゲットアカウント管理」をクリックします。

  3. 「スコアリングフィールド」で、「編集」をクリックします。

    メモ

    最大 5 つの​フィールドを選択して、アカウントスコアを計算できます。

  4. アカウントスコア名を入力し、「個人スコアを選択」ドロップダウンをクリックして、対応するスコアを選択します。

  5. + 追加」をクリックして、スコアを追加します。

  6. 必要なスコアをすべて追加します。終了したら「保存」をクリックします。

このページ