フィールドオーガナイザを使用したカスタムフィールドグループの作成

「モデルパフォーマンス分析(リード)」の「売上高サイクルエクスプローラ」領域でレポート用にカスタムフィールドグループを有効にする前に、Marketoリード管理の「フィールドオーガナイザ」を使用して、レポート用に標準フィールドまたはカスタムフィールドをグループに分類する必要があります。 これは、リードと会社の属性にのみ適用されます。
「新規フィールドオーガナイザ」(New Field Organizer)ダイアログボックスの「フィールド」(Field)ドロップダウンから標準フィールドまたはカスタムフィールドを選択すると、グループ化するフィールドに関連付けられた「Marketoリード管理」(Data Lead Management)データタイプが「フィールドオーガナイザ」(Field Organizer)の3つのエディタのいずれかにマッピングされます。文字列、整数または日付。

Marketoリード管理データタイプ Field Organizer Editorデータ型
文字列 文字列
メール 文字列
整数 整数
テキスト 文字列
URL 文字列
参照 非対応
通貨 整数
DateTime
ブール値 非対応
電話 文字列
浮動 整数
計算済み 非対応

次の3つのセクションでは、文字列、整数または日付型に対してカスタムフィールドグループを作成する方法について説明します。

カスタムフィールドグループの作成 — 文字列エディタ

  1. Lead Database」をクリックします。

  2. 新規」をクリックし、「新しいフィールドオーガナイザー」を選択します。

  3. フィールド」をクリックし、文字列エディターにマップするデータ型を持つ標準フィールドまたはカスタムフィールドを選択します(前の節の表を参照)。 ここでは国が使用されます。

  4. 作成」をクリックします。

    新しいカスタム・グループが、「Field Name」>「Field Name Group」(例:国/国グループを参照)。

  5. 鉛筆アイコンをクリックして名前をカスタマイズします。 例えば、「国グループ」を「大陸」に変更できます。 新しい名前を入力し、ボックスの外側をクリックして自動保存します。

  6. デフォルトでは、すべてのデータ値は「その他」のサブグループに配置されます。 データ値を分類するには、[追加グループ]をクリックしてサブグループを作成し、名前を付けます。

    メモ

    10個までのサブグループを追加して、データ値を分類できます。 作成された各サブグループにはID番号が割り当てられます。

    この例では、大陸のほとんどに対してグループが作成されています。

    メモ

    サブグループを削除するには、サブグループ名の横にある赤いXをクリックします。 グループ内にデータ値が存在する場合、データ値はデフォルトの「その他」グループに移動されます。

  7. キャンバスでデータ値をハイライト表示し、データ値を適切なサブグループにドラッグ&ドロップします。

    メモ

    サブグループからデータ値を削除するには、そのデータ値をデフォルトの「その他」グループに再割り当てします。

  8. キャンバスのすぐ上の左上隅にあるフィルターオプションを使用して、1つ以上のサブグループ内のデータ値を選択し、表示します。 フィルターの選択に基づくデータ値がキャンバスに表示されます。

    メモ

    グループの定義後、Marketoリード分析の「売上高サイクル分析」タブを使用して、モデルパフォーマンス管理(リード)でのレポート用にカスタムフィールドグループを有効にできます。

カスタムフィールドグループの作成 — 整数エディタ

  1. Lead Database」をクリックします。

  2. 新規」をクリックし、「新しいフィールドオーガナイザー」を選択します。

  3. フィールド」をクリックし、文字列エディターにマップするデータ型を持つ標準フィールドまたはカスタムフィールドを選択します(前の節の表を参照)。 年間売上高はここで使用されます。

  4. 作成」をクリックします。

    新しいカスタム・グループが、「Field Name」>「Field Name Group」(例:年間売上高/年間売上高グループを参照)。

  5. 整数エディターの上にあるデフォルトのカスタムグループ名をクリックして、名前をカスタマイズします。 例えば、「年間売上高グループ」を「サイズ別の年間売上高」に変更できます。 「保存」をクリックします。

    整数エディタを使用すると、複数のサブグループを作成して、各サブグループをサイズごとに定義できます。 この例では、スモール、ミディアム、エンタープライズの各ビジネス向けに3つのグループが作成されます。

  6. 最初のグループを追加するには、「グループ名」フィールドに名前を入力します(例:小)を入力し、「グループ範囲」フィールドに最大値を入力します(例:200000)。 「追加グループ」をクリックします。

    空のグループエントリは、先ほど入力したグループの下に表示されます。 以下の例は、Small、Medium、Enterpriseの各ビジネスのエントリを示しています。

    メモ

    10個までのサブグループを追加して、データ値を分類できます。 各グループ範囲エントリは、前のエントリに基づいて作成されます。 作成した最後のカスタムサブグループに対して、最後のグループ範囲エントリを空白のままにした場合、最大データ値は設定されません。

  7. 「概要」タブをクリックし、設定を保存して確認します。

    メモ

    サブグループを削除するには、サブグループ名の横にある赤いX印をクリックします。

  8. 概要ページで、設定を確認します。

    メモ

    グループの定義後、Marketoリード分析の「売上高サイクル分析」タブを使用して、モデルパフォーマンス管理(リード)でのレポート用にカスタムフィールドグループを有効にできます。

カスタムフィールドグループの作成 — 日付エディタ

  1. Lead Database」をクリックします。

  2. 新規」をクリックし、「新しいフィールドオーガナイザー」を選択します。

  3. フィールド」をクリックし、文字列エディターにマップするデータ型を持つ標準フィールドまたはカスタムフィールドを選択します(前の節の表を参照)。 取得日はここで使用されます。

  4. 作成」をクリックします。

    新しいカスタム・グループが、「Field Name」>「Field Name Group」(例:獲得日/獲得日グループを参照)。

  5. 日付エディターの上にあるデフォルトのカスタムグループ名をクリックして、名前をカスタマイズします。 例えば、「獲得日付グループ」を「獲得日カテゴリ」に変更できます。 「保存」をクリックします。

    日付エディターを使用すると、複数のサブグループを作成し、各サブグループを日付順に定義できます。 この例では、3つのグループが作成されます。Q1-15リード、Q2-15リード、Q3-15リード。

  6. 最初のグループを追加するには、「グループ名」フィールドに名前を入力します(例:「Q1-15 Leads」を参照)、リード獲得日以前の日付を表す日付フィールドに日付を入力します(例:2015年3月31日(第1四半期 —15日の最終日)。 「追加グループ」をクリックします。

    メモ

    10個までのサブグループを追加して、データ値を分類できます。 各グループ範囲エントリは、前のエントリに基づいて作成されます。 作成した最後のカスタムサブグループに対して、最後のグループ範囲エントリを空白のままにした場合、終了日の値は設定されません。

    次の例は、2015年第1四半期のリードがQ3を通るエントリを示しています。

    それだ! お疲れさま。

このページ