アトリビューションの例 4

次のシナリオを読み、グリッドに表示する数値を決定してみてください。

  • 4月11日|Michelle が eBook(コンテンツ)をダウンロードする - 成功
  • 4月15日|John が(ウェビナー)に参加する - 成功
  • 4月22日|3,000 ドルで(商談 1)が作成される
  • 4月24日|5,000 ドルで(商談 2)が作成される
  • 4月25日|John と Michelle が​両方​の商談に関連付けられる
  • 4月29日|[商談 1] が成立してクローズされる
プログラム名 (コンテンツ) (ウェビナー)
(商談 1) (商談 2)
(MT)創出された商談 <pre>0.5</pre> <pre>0.5</pre>
(MT)創出されたパイプライン <pre>$1,500</pre> <pre>$2,500</pre>
(MT)成立した商談 <pre>0.5</pre> <pre>0</pre>
(MT)獲得した売上高 <pre>$1,500</pre> <pre>$0</pre>

回答を表示

メモ

説明

複数の商談があり、複数の人がプログラムを成功させた場合、人とプログラムの間でクレジットを分割する必要があります。ただし、商談 1 と商談 2 のクレジットは組み合わされません。それぞれが個別のクレジット評価です。

多くの人々が関わると、Marketo は自動的にクレジットを与える商談の端数を計算します。

メモ

アトリビューションルール

  1. クレジットは均等に分割される
  2. 獲得した以上のクレジットは付与できない
  3. 過去に発生したことに対してクレジットは付与できない

すべての例を試してみて、アトリビューションの達人になりましょう。

このページ