商談の影響分析について

それぞれの商談はストーリーです。どこでリードに会ったのか。マーケティング/セールスプロセス中に、どのようなマーケティング機会に影響を受けたのか。

商談の影響分析を使用すると、全体を確認できます。Sales Insight でも入手できます。

緑色のチェックマークに注意してください。右側でチェックされた名前の 1 つに対して、プログラムの成功を示します。緑色の領域は、商談の開始と終了を示します。

メモ

アナライザーのデータは、リアルタイムではなく夜間に更新されます。

右側のコントロールを使用して、リードをグラフに追加したり、グラフから削除したり、別の顧客や商談に切り替えたりできます。

一意の顧客の識別

Marketo では、CRM ID を使用して顧客を一意に識別します。

以前は、同名の顧客が 1 つの顧客と見なされていました。例えば、顧客名がワシントン高校で、米国全体にワシントン高校という名前の顧客が複数あった場合、すべてが 1 つの顧客に組み合わされていました。各学校は独立した団体であったので、これは不正確でした。

この動作を保持する場合は、CRM システムでデータの重複を排除することを検討してください。

ヒント

クローズされた契約は、次の日にこのアナライザーで表示されます。営業担当と共有してください。あなたの多大な努力に気付かれるでしょう。また、影響力のあるように「見える」リードが CRM で役割が割り当てられていない理由を尋ねることもできます。

このページ