メールインサイトにおけるフィルター

メールインサイトでは、データをフィルターする方法が異なります。

メールインサイト

「+」をクリックして、フィルターの追加を開始します。必要な数だけ追加してください。

同じカテゴリーで複数のフィルターがある場合は、結合されてその数が表示されます。

どのフィルターを適用したか確認が必要な場合は、フィルターをクリックするだけです。そこからさらに追加することもできます。

フィルターのタイプを追加することもできます。

さらにフィルターも増やせます。

フィルターを適用すると、チャートが変化します。

カテゴリーを削除するには、「X」をクリックします。

すべてのフィルターをクリアするには、フィルターバーの最後にある「X」をクリックします。

日付固有のデータの場合は、日付範囲を使用します。

共通のプリセット日付範囲から選択するか、特定の日付を選択します。以前の日付範囲と比較することもできます。

メモ

日付範囲は、Analytics ページと送信数ページの両方に適用されます。ただし、比較​オプションは Analytics ページにのみ適用できます。

アカウントベースドマーケティング

ターゲットアカウント管理を使用する場合は、特にフィルターがあります。

このページ