動的コンテンツについて

パーソナライゼーションには、単に「Hi {{First_Name}}」というだけではなく、多くのものがあります。 Marketoの動的コンテンツを使用すると、ランディングページや電子メールの見え方をカスタマイズできます。

セグメンテーション

まず、個人をサブグループに分ける必要があります。 これはセグメント化と呼ばれます。

メモ

定義

セグメントは、スマートリストルールに基づいて、オーディエンスを様々なサブグループに分類します。 これらのグループをセグメントと呼びます。

例えば、Industryというセグメントがある場合、次のようなセグメントがあります。医療、技術、金融、消費財など

動的コンテンツ

様々なセグメントを作成したら、動的なコンテンツブロックをランディングページや電子メールに追加できます。 これにより、Marketoは、そのコンテンツの一部を表示に応じて異なるものにしたいと考えます。

スニペット

スニペッツ はMarketoの便利なツールです。1回作成すれば、複数の場所で使用できます。 スニペットを更新すると、そのスニペットを使用するすべてのアセット(ランディングページまたは電子メール)が自動的に更新されます。

メモ

  • 電子メールの署名としてスニペットを使用できます。 受信者の場所に応じてテキストを動的に変更します。
  • ランディングページには、顧客と見込み客で異なるリンクを持つ標準的な誘い文句(CTA:コールトゥアクション)エリアがあります。 数百ものLPを一元的に更新。

お前の成功談を話せ!

このページ