セグメントルールの定義

セグメントルールを定義すると、顧客を異なる相互に排他的なグループに分類できます。

  1. 次に移動: データベース。

  2. 選択 セグメント化 ツリーから、特定の セグメント.

  3. クリック スマートリスト フィルターを追加します。

    注意

    セグメントは現在サポートされていません 過去 および 期間内 演算子を使用します。 これは、セグメント化では、変更データ値がログに記録されたときにのみ更新を確認するためです。 これらの値は次のとおりです。 not 数式フィールドや日付など、自動的に変更される項目に対してログに記録されます。 また、相対的な日付範囲を持つ日付演算子は、データ値の変更アクティビティの時点ではなく、セグメント化の承認時に計算されるので、サポートされません。

    メモ

    「SFDC タイプ」および「Microsoftタイプ」フィルターは、現在、セグメント化スマートリストではサポートされていません。

  4. フィルターに適切な値を入力します。

    注意

    アカウントフィールドのアクティビティログの動作は、認定に影響を与える可能性があります。 したがって、セグメントルールを定義する際には、 Account フィールドを使用しないことをお勧めします。

  5. 次をクリック: 担当者(下書き) タブをクリックして、このセグメントのメンバーになる資格のある人を表示します。

  6. に移動します。 セグメント化アクション. クリック 承認.

    注意

    セグメントで作成できるセグメントの合計数は、使用するフィルターの数と種類と、セグメントのロジックの複雑さによって異なります。 標準フィールドを使用して最大 100 個のセグメントを作成できますが、他のタイプのフィルターを使用すると複雑さが増し、セグメントを承認できない場合があります。 次に例を示します。カスタムフィールド、リストのメンバー、リード所有者フィールド、収益ステージ。

    承認中にエラーメッセージが表示され、セグメント化の複雑さを軽減するためにサポートが必要な場合は、 Marketoサポート.

  7. ダッシュボードでは、円グラフでのセグメントおよび適用されたルールの概要をすばやく確認できます。

お疲れさまでした。 これらのセグメントはMarketoの多くの場所で役に立つでしょう。

メモ

ユーザーは様々なセグメントに適合する場合がありますが、最終的には、 セグメントの優先順位.

メモ

人(下書き)画面には、メンバーとして認定されるすべての人が表示され、必ずしも人の最終リストとは限りません。 セグメントを承認して、最終リストを確認します。

このページ