モバイルプッシュ通知の設定

  1. マーケティング活動​領域に移動します。

  1. プッシュアセットを選択して、「ドラフトを編集」をクリックします。

  2. 設定」に移動します。

  3. 目的のアプリを選択します。Android および Apple プラットフォームは、デフォルトで有効になっています。

  4. プッシュメッセージが 1 つのプラットフォーム(iPhone の場合など)にのみ適用される場合は、他のプラットフォームのセレクターを「無効」にスライドして除外できます。

  5. 次へ」をクリックします。

  6. メッセージテキストを入力するか、トークンアイコンを選択してトークンを追加します。次に、「タップアクション」を選択します。

    メモ

    プラットフォームが有効な場合は、電話の画面表示の左側に表示されます。選択すると、色で表示されます。

    メモ

    タップアクションには次の 3 つのタイプがあります。

    アプリを起動 - このアプリ​通知をタップすると、アプリのホームページが開きます。カスタム​は、アプリの他の領域を開くためにディープリンクを使用します(「ディープリンク URI」を参照)。

    ランディングページ - 指定した Marketo ランディングページに移動します。

    外部 URL - Marketo 以外のランディングページに移動します。

  7. カスタムのタップアクション用のディープリンクを挿入するには、「カスタム」をクリックし、フィールドに「ディープリンク URI」と入力します。

  8. トークンを挿入するには、トークンを選択し、デフォルト値を入力して、「挿入」をクリックします。

    メモ

    トークンは、テキストボックス内のカーソル位置に表示されます。複数のトークンを使用できます。

    メモ

    メッセージとタップアクションは、両方のプラットフォームで同じように表示されます。

  9. iOS のみの場合は、チェックボックスをオンにして、メッセージが届いたときにアプリにサウンドを再生するように指示します。Android ではサウンドは自動的に再生されます。

  10. 他のプラットフォームをプレビューし、「完了」をクリックします。

  11. 承認して終了」をクリックします。

これで完了です。これで、プッシュ通知を送信する準備が整いました。

購読者がプッシュメッセージのボタンをクリックすると、アプリのホームページに直接移動するか、アプリ内の特定のページに直接移動できます。ディープリンクは、アプリ内の特定のページへの一意の参照で、web サイトリンクのように見えます。

ディープリンク URI は、スキーム名、パス、識別子の 3 つの部分で構成されます。以下の例では、「myappname」がスキームです。「products」はパスで、「purple-shirt」は識別子です。顧客がタップすると、アプリの製品ページ内(具体的には紫色のシャツアイテム)に移動します。

ただし、アプリのディープリンク構造は、上記の例とは異なる場合があります。デベロッパーには、ディープリンク URI を定義する多くのオプションがあるので、使用したいページの URI(リンク)をデベロッパーに送信するよう依頼してください。これにより、プッシュメッセージに入力した URI が適切な場所を指すようになります。デベロッパーが実行できる操作について詳しくは、こちらをご覧ください。

このページ