アプリ内メッセージテキストの作成

テキスト領域をクリックして、テキストスタイルとコンテンツを操作します。

  1. インラインで編集するには、メインテキストをクリックします。

  2. テキストの色を選択するには、テキストの色をクリックするか、カラーピッカーで16進数またはRGB数値を入力します。

  3. 矢印をクリックして、テキストサイズを選択します。

    注意

    テキストサイズが大きすぎると、コンテンツが表示可能なテキスト行の最大3行を超える場合があります。

  4. オプションで、強調の種類を選択します。太字斜体、または下線。

  5. テキストの配置を選択します。左、中央、右。 デフォルトは「中央揃え」です。

    メモ

    広告でレンダリングされるテキストフォントは、各プラットフォームの標準フォントです。Helvetica for AppleおよびRoboto for Android

  6. テキストのタップ操作を選択するには、チェックボックスをオンにします。

  7. 各プラットフォームのタップアクションを選択します。AppleまたはAndroid。

    メモ

    タップアクションについては、AppleプラットフォームとAndroidプラットフォームで異なるアクションを設定できます。 例えば、ディープリンクの処理方法がAppleとAndroidでは異なるとします。 メッセージの送信先が1つのプラットフォームのみである場合は、もう1つのプラットフォームをデフォルトの設定のままにするか、「なし」を選択します。

  8. 「サポートするテキスト」をクリックして、インラインで編集します。 メインテキストの編集と同じように機能しますが、デフォルトのテキストサイズは小さくなります。

  9. 「Main」または「Supporting」テキストのいずれかで、「Token」アイコンをクリックしてトークンを追加します。

  10. ドロップダウンからマイトークンを選択し、デフォルト値を追加して、挿入​をクリックします。

    メモ

    オプションとして使用できるのは、マイトークンのみです。 プログラムにマイトークンが設定されていない場合、トークンドロップダウンは空になります。

    ヒント

    オーディエンスがトークンを表示する際に解決される文字数を考慮してください。 値が切り捨てられないように、長い値を考慮するのに十分な領域を残します。

    承認されたアプリ内メッセージプログラムで使用されるトークンに対して行った変更は、プログラムが一時停止されてから再開されるまで、アプリ内メッセージでは有効になりません。

君は金色だ。 次に、アプリ内メッセージボタンを設定する必要があります。

このページ