Marketo メールアドインライセンスの発行

Marketo メール Outlook アドインを使用するユーザーには、まずライセンスが発行される必要があります。ライセンスを提供する方法は 2 つあります。

  • エンタープライズキーのインストール:この方法は、セールス担当が自社のノートパソコンに対する管理者権限を持たず、プラグインやソフトウェアなどをインストールできない場合に使用します。この場合、Marketo 管理者は許可されたユーザーのリストに対してライセンスを発行します。次に、IT チームは、エンタープライズキーを使用して、認証済みユーザーのすべての PC にプラグインをリモートで展開します。次に、プラグインユーザーが承認します。
  • 登録コードのインストール:セールス担当が社内のノート PC に管理者権限を持ち、プラグインやソフトウェアなどをインストールできる場合に、この方法を使用します。使用します。このプロセスでは、Marketo 管理者が許可されたユーザーのリストに対してライセンスを発行し、登録電子メールをダウンロードリンクを使用して直接送信します。セールス担当者は、プラグインのダウンロードリンクと一意の登録 URL が記載されたメールを受け取ります。
利用可能性

すべてのお客様がこの機能を購入しているわけではありません。詳細は、セールス担当者にお問い合わせください。

メモ

管理者権限が必要

  1. My Marketo で、「管理者」をクリックし、「Sales Insight」をクリックします。

  1. メールアドイン」タブで、ライセンスを発行​をクリックします。

  2. プラグインの使用を許可する必要があるセールス担当のメールアドレスを入力し、「ライセンスを発行」をクリックします。

    >

    ヒント

    複数のメールアドレスはコンマで区切って入力します。

    メモ

    プラグインをリモートでインストールするには、チェックボックスをオフのままにして、IT チームにエンタープライズキーを送信します。

    セールス担当が自分のコンピューターで管理者アクセス権を持っている場合は、チェックボックスをオンにすれば、作業は完了です。

このページ