販売テンプレートをロック

CRMユーザーが販売テンプレートを編集できないように、管理者はテンプレートをロックする機能を有効にできます。これにより、ユーザーは電子メールエディターから個別にテンプレートをロックできます。

注意

この機能はSalesforceでのみ動作し、Microsoft Dynamicsや他のCRMとは互換性がありません。 OutlookまたはGmailプラグインからアクセスしたテンプレートはロックされません。エディタはMarketoによって制御されません。

テンプレートのロックを有効にする

メモ

必要な管理者権限

  1. 管理者​に移動し、販売インサイト​をクリックします。

  2. 設定」で、「編集」をクリックします。

  3. テンプレートのロック機能を有効にする」を選択します。 「保存」をクリックします。

メモ

デフォルトでは、このボックスはオンになっており、テンプレートのロック機能が有効になっています。 これをオフにすると、電子メールエディターのロックテンプレート機能が無効になります。

メモ

この設定を管理者として変更しても、既存のテンプレートには​遡って​影響を与えません。つまり、自動的にはロックされません。

Email Editorでのテンプレートのロック

  1. ロックする電子メールを選択し、「ドラフトを編集」をクリックします。

  2. 電子メールエディターで、「電子メール設定」をクリックします。

  3. まだチェックされていない場合は、「Marketo販売インサイトへの投稿」をチェックします。 テンプレートをロックするために、「CRMユーザーに電子メール​の編集を許可」のチェックを外せるようになりました。 「保存」をクリックします。

    メモ

    デフォルトでは、このチェックボックスがオンになっており、CRMユーザーは電子メールの編集が許可されています。

このページ