配信停止の概要

組織がメールのプライバシーに関する法律に準拠する重要性が高まっています。これを支援するために、アドビは配信停止エクスペリエンスをいくつか強化しました。

  • 配信停止リンクは、Marketo Sales および Salesforce から送信されるすべてのメールに配置されます(Outlook または Gmail から送信されるカスタムメールには適用されません)
  • 管理者は、チーム全体の配信停止メッセージを編集できます
  • 配信停止情報は PDV に保存されます
  • 配信停止は、リンクをクリック、Salesforce 同期、バウンスすることによって、手動で行うことができます。
  • 新しい配信停止リンクランディングページ

ユーザーが配信停止リンクをクリックすると、配信停止ランディングページが表示され、配信停止元とその理由を選択できます。

この情報は、後で表示するために人物の詳細表示に保存されます。

グループの配信停止

配信停止済みの人物をすべて 1 か所で表示および管理します。

配信停止済みの人物を検索するには、検索バーを使用します。

管理者の場合は、配信停止グループに移動して、「アカウント配信停止」でフィルタリングし、ユーザーデータベースで収集された配信停止をすべて表示できます。

配信停止履歴カード

配信停止履歴カードを使用すると、管理者やユーザーは、連絡先の配信停止履歴に関するコンテキスト情報を取得できます。「人物」タブに移動し、人物を選択して移動します。人物の詳細表示の「情報」タブの下部に表示されます。

メモ

その人物がある時点で​_再購読_​した場合、配信停止履歴カードのみ表示されます。

日付

配信停止/再購読が行われた日付を表示します。

詳細

再購読:Sales Connect 管理者が、連絡先レコードから配信停止を手動で削除した。また、連絡先の配信停止理由に関する詳細も表示されます。

配信停止:連絡先が配信停止された。

ソース

Salesforce 同期:配信停止が Salesforce の同期によって取得された。

手動:ユーザーが「配信停止」ボタンをクリックしてオプトアウトした。

リンクをクリック:メールの受信者が配信停止リンクをクリックした。

「管理者名」:管理者の名前は、アクションが連絡先の再購読の場合に表示されます。これにより、配信停止を削除した人をユーザーに知らせます。

このページ