コマンドセンターの概要

コマンドセンターは単一の統合ビューで、何も抜け落ちがないように確認しながら、次のステップを考え出すのに役立ちます。

メールの管理

コマンドセンターのメールセクションでは、すべてのメールアクティビティを管理できます。Sales Connect から送信されたメールを確認するためのメール送信ボックスと考えてください。スケジュールされたメールの管理、メールに関心を寄せている人の確認、メールの配信に問題があるかどうかの確認などを行います。

メールセクションでは、すべてのメールを俯瞰して、プライマリタブとサブタブを使用して組織を簡素化できます。プライマリタブとサブタブは、メールがステータスに基づいて自動的に保存されるフォルダーの役割を果たします。

プライマリ サブ 説明
送信済み 配信済み 受信者に配信されたメール。
アーカイブ済み メールのトラッキングを無効にするためにユーザーがアーカイブしたメール。
保留中 スケジュール済み 現在配信がスケジュールされているメール。メールが送信されると、配信済みフォルダーに移動します。
下書き 下書きとして保存されたメール。
注意:下書きとして保存できるメールは 1 つだけです。一括メール(「メールを選択して送信」と「メールをグループ化」)は下書きとして保存されません。
進行中 これは、送信モーション中にメールが処理される中間の状態を示します。メールが処理中であるのは、わずかの間です。
未配信 失敗 配信に失敗したメール。
バウンス 受信者のメールサーバーから拒否されたメール。
注意:これは、従来の ToutApp ユーザーで、配信チャネルとして MSC サーバーにアクセスできる場合にのみ検出されます。
スパム 受信者によって手動でスパムとマークされたメール。
注意:これは、従来の ToutApp ユーザーで、配信チャネルとして MSC サーバーにアクセスできる場合にのみ検出されます。

タスクの管理

タスクセクションでは、タスクの管理と完了をすべて行うことができます。タスクをシームレスに管理し、生産性を高め、最も関連性の高い項目に集中できます。

エンゲージした見込客のフォローアップ

作成ウィンドウまたはキャンペーンを使用して見込客のエンゲージメントを開始したら、詳細検索機能を使用して、最もエンゲージメントの高い見込客の再ターゲティングを開始できます。

例えば、MSC のキャンペーンに 100 人を追加する場合、メールを閲覧してクリックしたが、返信しなかった人を再度ターゲティングしたいと考えるでしょう。そのためには、表示およびクリックステータスアクティビティフィルターと共にキャンペーンフィルターを利用して、再度ターゲティングする人のリストを特定します。

ボーナス:詳細検索を保存すると、動的リストとして機能し、受信者がメールを表示またはクリックすると、エンゲージメント条件を満たすメールが追加されます。

このページ