セールスアクティビティ属性の Salesforce へのログ

Salesforce 管理者は、カスタムアクティビティフィールドを Salesforce に手動で追加できます。

  1. Salesforce アカウントで、「設定」をクリックします。

  2. クイック検索フィールドで「アクティビティのカスタムフィールド」を検索し、クリックします。

  3. 新規」をクリックします。

  4. 以下のテーブルに基づいて、追加するフィールドに対応するデータタイプを選択し、「次へ」をクリックします。

  5. 追加するフィールドに対応するフィールド名とラベルを入力します。

次の表では各列を説明します。

  • フィールドラベル:UI に表示されるフィールド名 (この名前は、チームが読みやすくするためにカスタマイズできます)
  • フィールド名:フィールドの技術的な名前(入力したフィールド名が、下の表の「フィールド名」と一致していることを確認してください)
  • API 名:API 用のフィールドの技術的な名前(入力した API 名が以下の表の API 名と一致していることを確認してください)
  • データタイプ:フィールドのタイプ
  • サイズ:テキストフィールドのサイズ
フィールドラベル フィールド名 API 名 データタイプ サイズ
通話結果 mktosales_call_outcome mktosales_call_outcome__c テキスト 50
通話理由 mktosales_call_reason mktosales_call_reason__c テキスト 50
Marketo セールス電話ローカルプレゼンス ID MSE_Call_Local_Presence_ID MSE_Call_Local_Presence_ID__c テキスト 255
Marketo セールス電話録音 URL MSE_Call_Recording MSE_Call_Recording__c URL
Marketo セールスキャンペーン MSE_Campaign MSE_Campaign__c テキスト 255
Marketo セールスキャンペーンの最新ステップ MSE_Current_Campaign_Step MSE_Current_Campaign_Step__c テキスト 255
Marketo セールスキャンペーン URL MSE_Campaign_Details_Link MSE_Campaign_Details_Link__c URL
閲覧済みの Marketo セールスメール添付ファイル MSE_Presentation_Viewed MSE_Presentation_Viewed__c チェックボックス
クリック済みの Marketo セールスメール MSE_Clicked MSE_Clicked__c チェックボックス
返信済みの Marketo セールスメール MSE_Replied MSE_Replied__c チェックボックス
Marketo セールスメールステータス MSE_Email_Status MSE_Email_Status__c テキスト
Marketo セールスメールテンプレート MSE_Template MSE_Template__c テキスト 255
Marketo セールスメールテンプレート URL MSE_Template_Details MSE_Template_Details__c URL
Marketo セールスメール URL MSE_Details MSE_Details__c URL
閲覧済みの Marketo セールスメール MSE_Viewed MSE_Viewed__c チェックボックス

このページ