ログイン管理設定

ログイン管理設定を使用すると、管理者は、Sales Insight アクションのユーザーに対して、グローバルレベルで認証設定を設定できます。

メモ

デフォルトでは、Sales Insight アクションインスタンスに対して「Salesforce のみ」オプションが選択されます。 この設定をお勧めします。 自動ログイン Salesforce から。

ログイン管理設定の更新

メモ

管理者権限が必要

ログイン管理環境設定を更新するには、次の手順に従います。

  1. 歯車アイコンをクリックし、「設定」を選択します。

  2. 「管理設定」で、「一般」をクリックします。

  3. 下の「ログイン管理」カードまでスクロールし、目的の設定を選択します(この例では「Salesforce のみ」を選択します)。 終了したら「保存」をクリックします。

Salesforce のみの FAQ

Salesforce のみとは、Salesforce で Sales Insight アクションを使用する場合にのみ認証できることを意味します。 これは Sales Insight Actions インスタンスのデフォルトの選択で、ユーザー名やパスワードを管理しなくてもユーザーがシームレスに認証できるので、お勧めします。

「Salesforce のみ」が選択されている場合、インスタンスの新しいユーザーは自分のアカウントをどのようにアクティブ化しますか。

クリック時に はじめに ボタンをクリックすると、新しいユーザーがアカウント有効化画面に送信され、Salesforce インスタンスに接続して Sales Insight Actions アカウントを有効化する必要が生じます。

「Salesforce のみ」が選択されている場合、ユーザーはどの認証方法で認証できますか?

ログイン画面に移動する際、ユーザーはまず電子メールアドレスを入力します。 その後、「Salesforce One Click Login」ボタンをクリックし、ログイン先の Salesforce アカウントを使用して認証を行います。

メモ

これは、ログイン画面に直接移動するユーザーにのみ関係します。 Salesforce からアクションにアクセスするユーザーは、次を使用してログインします: 自動ログイン.

ユーザーが Salesforce からアクション機能にアクセスし、「Salesforce のみ」が選択されている場合、ユーザー認証はアクションでどのように処理されますか?

ユーザーがいずれかのアクション(通話、メール、キャンペーン、タスク、キャンペーンリストなど)をクリックすると、SFDC 認証を使用して Sales Insight Actions アカウントに自動的にログインします。 この認証は、 自動ログイン.

すべてのログイン方法に関する FAQ

「すべてのログイン方法」が選択されている場合、自分のインスタンスの新しいユーザーは自分のアカウントをどのようにアクティブ化しますか。

新しいユーザーがインスタンスに招待されると、アカウントのアクティベーションに関する電子メールが届きます。 「はじめに」というボタンをクリックすると、パスワードの作成と確認を求めるページが表示されます。 作成されたアカウントはアクティブ化され、オンボーディングワークフローで使用されます。

「すべてのログイン方法」が選択されている場合、インスタンスのユーザーはどのようにを使用してログインできますか。

当社のログインページを使用する場合、ユーザーはまず自分のメールアドレスを入力します。 次に、すべてのログインオプション(ユーザー名/パスワード、SFDC、Gmail、SSO)を提供するページに送信されます。

このページ