Salesforce とのリマインダータスク同期

メモ

タスク同期を有効にする方法について詳しくは、Sales Connect タスク/リマインダーの Salesforce タスクへの同期を参照してください。

タスクの同期設定が有効になると、ユーザーは、Salesforce と双方向に同期されたリマインダータスクを確認できます。つまり、ユーザーは Salesforce または Sales Connect からタスクを管理し、システムの整合性を維持していることを確信できます。

リマインダータスクフィールドの同期

以下に、Sales Connect のリマインダータスクフィールドと、双方向タスク同期でサポートされる、対応する Salesforce フィールドの一覧を示します。

Sales Connect タスクフィールド Salesforce タスクフィールド Salesforce タスク
タスク名 件名フィールド タスクのタイトルを示す短い概要フィールドです。
ステータス タスクのステータス

タスクのステータスを表示します。Sales Connect タスクには、Salesforce タスクステータス選択リストの 2 つの値に対応する 2 つのステータスがあります。

Sales Connect で開く = Salesforce で開始されていません。

Sales Connect で完了 = Salesforce で完了

Salesforce の他のステータス値は、Sales Connect に同期されません。

優先度 優先度

Sales Connect の優先度は「標準」または「高」に設定でき、それらは Salesforce の「標準」と「高」の優先度値にマッピングされます。

Salesforce の「低」優先度の値は、Sales Connect に同期されません。

期日 期日 タスクの期限です。
詳細 コメント リマインダータスクで完了する予定の内容に関する詳細情報を表示します。

Sales Connect タスクと Salesforce の初回同期

Sales Connect と Salesforce のタスク間の同期を初めて有効にすると、Salesforce のタスクがインポートされます。Sales Connect での現在のタスクは Salesforce にプッシュされ​ません。Sales Connect から Salesforce に同期されるタスクは、Sales Connect を SFDC と同期した​後に​作成されるタスクのみです。

Sales Connect と SFDC のタスクを同期すると、次の処理が行われます。

  • タスクの同期で「保存」をクリックすると、タスクの同期が開始されます。最初は時間がかかります。

  • 過去 24 時間にアップデートまたは作成されたリマインダーは、SFDC から Sales Connect に取り込まれます。同期は期限に基づいており、これらのタスクはすべてバックエンドで同期されますが、コマンドセンターでは、今日と明日のタスクのみが表示されます。

  • 同期が以前にオンになっていて、SFDC 内のタスクを削除した場合、過去 15 日間に削除されたすべてのタスクがコマンドセンターから削除されます。

  • 同期が有効になっている限り、Sales Connect と SFDC の間でタスクが常に同期されます。

初回同期の後、Sales Connect で作成、編集、完了または削除したタスクは、Salesforce のタスクリストに同期されます。また、Salesforce でタスクが作成、編集、完了、削除されると、Sales Connect のタスクリストがアップデートされます。

この同期を有効にするには、web アプリケーションの設定ページで同期ボックスをオンにします。

メモ

タスクの件名フィールドをセールスコネクトで更新すると、対応する同期済みタスクの Salesforce 件名フィールドで更新が同期されます ( {{activity_subject}} 動的フィールドを アクティビティの詳細のカスタマイズ 設定。 反対に、Salesforce の件名フィールドに対して行われた更新は、 not [ セールスコネクトリマインダータスクの件名 ] フィールドに同期します。

このページ